ととや茶碗 銘 隼

鶴田 純久
鶴田 純久

所蔵:畠山記念館
高さ:5.1~5.4cm
口径:21.7~13.1cm
高台外径:5.3~35.5cm
同高さ:0.9cm

 きりっと引き締まった小ぶりの茶碗で、その姿の軽快俊敏なところかち、隼と命銘されたものです。小ぶりのととやで、別に小鷹と呼ばれる名碗があり(『大正名器鑑』所載)、この両者は、明治のころ、期せずして金沢にあって、両碗相対してその名を競い、加賀の茶人間では評判であったといわれています。
 素地は少し鉄分を含む粗めの土で、「堅く焼き締まり(整然とした轆轤(ろくろ)によって、形は端正で明快、小さく、そして品よくまとまっていて、しかも雄勁です。特に高台の作りはみごとで、高台内の兜巾を中心に、ぐるりとまわる渦巻き、高台ぎわをくっきりと、ひときわ鋭くえぐり取った溝、高台内外の大小の縮緬皺皺と粗く堅い素地膚、すべて力のこもっだ、あざやかな出来です。このあたりが、この茶碗の大きな見どころでしょう。高台わきは、幅広く一段と器面を削り込んで、腰と胴とをはっきりと区ぎっており、この線から上辺は、自然にのびのびと広がって、口縁近くでは「どべ」の轆轤(ろくろ)跡が、二~三条白く走っています。これは素地の水びきの際、素地土の一部が水に溶けて泥状になり。それが素地にこびりついて、轆轤(ろくろ)に抵抗して走ったものです。口辺にはまた一ヵ所、小さいベベラも見られます。
 内面見込み、ちょうど腰のあたりに、一筋くっきりと輪形があるのは、「しった」と呼ばれる受け台のあとでしょう。高台削りの際、力がこもって強く押しつけたためにできた、筋あとと思われます。また底の中心部では、小さく巴形に轆轤(ろくろ)目が渦巻き、そのほか小石のかみあと二ヵ所と、目跡が六つ黒く残っています。
 轆轤(ろくろ)成形が、おおむね単調であるのに対し、色調は内外とも複雑微妙、変化に富んでいます。釉膜は例のごとく薄く、その色調が、ほとんど素地の発色によっていること、常のととやと同様です。淡い黄白色から朽葉色と呼ばれる灰黄色、少し赤みをおびた黄色でやや濃い赤かっ色と変化を示す中に、ところどころ、青みをおびた灰白色の斑紋がむらむらとあり、また小さい御本も点々と出ています。そして外側口辺近いところに、濃い鉄の黒点が一つ飛んでいます。偶然の出来ですが、これがまた効果的な景色になっているのです。
 内面では、口縁近くに幕釉が薄くたれ、その先の部分だけが、白っぽぐ鉛色につづいています。これも目にたつ景色です。小服ながら、見どころの多い茶碗といわねばなりません。
 伝来は、書き付けによれば松周防、すなわち松平周防守の秘蔵とありますが、これは和泉岸和田の城主、松平康直のことでしょう。康直は幕末に外国奉行として活躍し、ロシアとの間に樺太国境問題が紛糾した時、会談を有利にすすめたことで有名です。維新後、旧姓松井氏に復し、子爵を賜わっています。明治十一年、この松井子爵から金沢の有名な道具持ち村彦へ移り、この当時、「小鷹」と並び称せられましたが、のち畠山一清氏の有に帰しました。
 付属の袋は有栖川裂れ。内箱の蓋裏貼り紙に「此之器過にし頃松周防秘蔵なしはやふざと名つけおかれしに後又茶弁当に仕組し故箱取捨候程依求小堀政休誌之」とあります。外箱赤塗り。蓋裏貼り紙に、右の小堀政休の書き付けを写し、きらに「以前松平凋防守蔵器 当時東京馬込に有 明治十一年秋山与助東玖より持下り、ととやにて日本一の物也 外面黑飛あり しまる 村彦」としるされています。
(藤岡了一)

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2