朝鮮茶碗

黄伊羅保茶碗 銘 女郎花

高さ:7.1cm
口径:13.2ー14.0cm
高台外径:5.5cm
上同高さ:0.8cm

 松平不昧所持本手黄伊羅保の白眉として世に知られたもので、女郎花の銘は釉色にちなんで不昧がつけたものです。蓋裏に「女郎花今朝はすがたもまさるかな露の結べる玉かずらして」の一首が不昧の字で書き付けてありますが、『国歌大観』などにも見当たりませんから、古歌ではないかもしれません。あるいは不昧の歌かとも考えられます。
 黄伊羅保も、その作ふうからみて、他の伊羅保と窯や時代はほぽ同じとみられ、見どころ、約束も、たいてい似たりよったりです。口縁に切り回しのあるのを本手としていますが、本手必ずしも切り回しがあるとも限らぬようです。ただ本手には上作が多いです。口作り犯はベベラがあり、見込み茶だまりに砂目四つあるのが、約束とされます。黄伊羅保釉は薄くかかるのが、景として喜ばれます。胴には引き目の細筋があり、また石はぜがあります。高台は竹の節、畳つき外側にも切り回しがあります。
 この茶碗は、さすがに不昧の書き付けだけに、姿といい、口作りといい、膚合いといい、実に茶味に富んで申し分がなく、気品も備わって十全の名碗どいえる。口縁にはベベラ三つあって、これに趣を加え、口作りはややひずんで、巧まずして妙です。見込み茶だまりは、一つ大きな石を噛んでおり、それに砂目四つが加わって、絶好の景をなしています。釉はむらむらと濃淡に、興が深く、口辺や裾のかすれたところは、素地が透けて渋がかっています。高台は土見ずで品よく竹の節になり、畳つきの外側にも切り回しがあり、内は丸削りで兜巾が立っています。
 総体瀟洒な気品があるうちに、いかにも女郎花の銘にふさわしい優しさがありますが、この茶碗はまた不昧の箱書きのすばらしいことでも屈指のものでしょう。付属物は、
内箱 桐白木蓋表書き付け『女郎花』松平不昧
同 蓋裏書き付け「女郎花今朝はすがたもまさるかなレ露の結べる玉かづらして」松平不昧
外箱 黒塗り蓋表書き付け金粉字形「女郎花茶碗伊羅保」
同 蓋裏書き付け朱漆「不昧翁愛什」
(満岡忠成)

女郎花 おみなえし

朝鮮茶碗、黄伊羅保。
この女郎花は不昧所持で、本手黄伊羅保の随一として知られています。
口縁には本手の約束である切り回しがあり、また々ベラが見事で秀れた見所をなしています。
肌には細筋や石はぜがあり、釉はうすくかすれたように掛かって、茶趣に富んでいます。
見込み茶溜まりには約束の砂目が四つあり、大きく石をかんで景色となっています。