古信楽 こしがらき

鶴田 純久
鶴田 純久

古信楽 こしがらき

近江国(滋賀県)甲賀郡信楽の古陶。
この地の陶業は天平(729-49)頃すでにありました。
弘仁時代(810-24)よりようやく現われ、半農半陶、農家の余業として種壷・種浸壷などを製しました。
世に鱒あるいは鬼桶水指といって珍賞される壷などはこの頃の遺物であります。
これらを古信楽と呼び、後世の茶人はこれを茶器に転用して賞翫しました。
その質は粗く砂を含み、すこぶる堅焼で、素地は黄赤褐の間にあるようで、その上に透明淡青のビ一ドロ釉のまだらに出たものが賞愛されます。
※しがらきやき

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2