奈良 なら

鶴田 純久
鶴田 純久

付属物
箱 桐白木書付松花堂筆
寸法
高さ:7.0cm 口径:15.2cm 高台径:5.7cm 同高さ:1.0cm 重さ:300g

 奈良の銘は、総体赤みのうちに黄緑の入りまじったさまに、古都の秋景を偲んで付けたものでしょう。
 本手斗々屋で、作行きに変化の妙があり、挽き目の細筋も鮮やかです。高台まわりも内外にわたってちりめん皺見事で、見どころをなしています。釉がかりかすれたようで、薄いところは赤みに上がり、釉調の黄緑を呈するものもあって、野山の秋景をみるようで、茶趣がごとに深いです。

斗々屋茶碗。
これも本手斗々屋で、作行きに変化の妙があり、轆轤目の細筋も鮮やかです。
釉がかりがかすれたようにみえ、薄いところは赤みにあがり、黄緑を呈する部分もあって、野山の秋景色をみるようです。
渋い味わいが茶趣に富み、同時に冴えた茶の色と対照して茶人に賞美されます。
「奈良」の銘は古都の秋景色を偲んで付けられたものでしょう。
高台内はちりめん皺が美しいです。
兜巾を囲んださまがちょうど椎茸の裏をみるようですので、俗に椎茸高台ともいいます。
これも見所の一つです。
《付属物》箱-桐白木、書付松花堂昭乗筆
《寸法》高さ7.0 口径15.2 高台径5.7 同高さ1.0 重さ300

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2