萩耳付水指 はぎみみつきみずさし

萩耳付水指 はぎみみつきみずさし 萩水指

古萩には水指は少ないですが、中でもこれは珍しく、むしろ異風な水指といえます。
何よりも蕨手二段の耳が面白いです。裾丸くふくらみ、高台大きく安定した坐り。首部立ち上がりに細かい竪箆文、肩に印花、腰に波状の箆筋、印花の下には逆三角の刻文。口造り正しく、蓋止まりもよいです。素地はねっとりとした大道土、時代寂びの付いた萩釉は青黄色で、すこぶる味わいのよいものであります。
線刻箆文といい印花文といい、あるいはこれを織部好みの余流とみる人もあります。
しかしこの火焔状の耳は縄文土器を想像させ、むしろ近代感覚さえみえる水指であります。
江戸初期の作。《寸法》高さ13.4口径8.9 胴径16.4

仁清色絵梅花文水指 にんせいいろえばいかもんみずさし<< >>ハンネラ水指 はんねらみずさし

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.