秋の夜 あきのよ

中興名物。 高取焼茶入。 『伊勢物語』の歌「秋の夜の千夜を一夜になずらへて八千代し寝ばや飽く時のあらむ」の意味をとり、尽きることのない妙味を讃えた銘であります。 相対する遠山形の双耳の一方から黒ずんだ釉がなだれ掛かり、そ

高取焼鶴首 たかとりやきつるくび

高取焼茶入。高取焼に小堀遠州の好みが行われていることは、周知のとおりでありますが、高取焼が一面唐物写しに長じていることは、他の国焼の比でなく、実際に唐物に紛れているものすらいくつかみられるのであります。それは轆轤の技術の

染川 そめかわ

高取焼茶入。中興名物。銘の由来は『伊勢物語』の「染川を渡らむ人のいかでかは色になるてふことのなからむ」の歌意に因んで名付けられました。この茶入は筑前福岡藩主黒田侯のために焼かれたものらしく、茶入ができる前から、小堀遠州に

高取焼月形水指 たかとりやきつきがたみずさし

この水指は姿が温順で、遠州の好みによくある腸洒な細い轆轤線をみせ、正面には朝鮮唐津風の白濁釉が底部まで流れ落ちます。口縁は一部窪み月形にみえるため、「月形水指」と呼ばれます。典型的な遠州の綺麗寂び調、作行き・景色とも見所

高取面取茶碗 たかとりめんとりちゃわん

名物。高取焼は遠州七窯の一つと数えられていますが、底は面取り、姿はやや薄造りの半筒形で、いかにも遠州好みの茶碗です。これは素地土が緻密で、粘着力が強いために堅く焼き締まりますので、利休から織部に続く寂びの感覚にはやや遠い