瀬戸茶入

滝浪 たきなみ

滝浪 たきなみ 瀬戸金華山窯茶入

滝浪 たきなみ 瀬戸金華山窯茶入

滝浪 たきなみ 瀬戸金華山窯茶入

滝浪 たきなみ 瀬戸金華山窯茶入

瀬戸金華山窯茶入、滝浪手本歌。中興名物。茶入のなたれの景に因んで小堀遠州が命銘。この類を青江手ともいいますが、それはこの本歌茶入をかつて遠州の家臣勝田八兵衛が所持していた折に遠州が召し土げ、その代わりに青江の太刀を賜ったことによります。なおこの手に「青江」なる銘のものもあって混同されやすいですが、青江の太刀の話にかかわるのはこの「滝浪」の方であります。
その後しばらく小堀家に伝えられましたが、延宝六年土屋但馬守数直に移り、寛政の頃相模屋儀兵衛の取次で不昧の有となりました。
姿はおっとりした撫肩衝で、甑低く、捻り返しはほどよく、胴はわずかに下部の方でふくらんでいます。
胴全体にゆるやかに轆轤目がめぐっています。
総体に柿金気釉地に、肩のあたりに黒釉がむらむらと現れ、その中から太めの一筋の黒なたれが裾土の中ほどまで下がって置形をなしています。
裾以下は赤みを帯びた茶色の土が露われ、底は輪糸切をなしています。
釉景は光沢こそあまりないが深みのある釉景で、気品高い茶入として遠州はこれを本歌に選んたものと思われます。
同手には「青江」「面影」「志賀」「白浪」「村土肩衝」などがあります。
《付属物》蓋 蓋箱-書付松平不昧筆 仕覆-二、白地長楽寺古金欄・遠州緞手(図版右より) 仕覆箱-書付小堀遠州筆 挽家-槻 内箱-白木、書付同筆 外箱-白木、書付松平不昧筆《伝来》勝田八兵衛-小堀遠州-土屋但馬守数直-松平不昧《寸法》高さ7.9 胴径5.8~6.1《所蔵》畠山記念館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です