江戸斗々屋 えどととや

江戸斗々屋 えどととや 斗々屋茶碗

斗々屋茶碗。中興名物。いわゆる本手斗々屋といわれるもので、淡茶色の素地に釉がかり薄く、枇杷色のあがりに青みの火変わりが景色をなしています。肌には轆轤目による細筋がめぐり、口縁に切回しがあり、ともに見所をつくっている。見込に点在する紫じみも特色があり、これを武蔵野の紫草に因んで、二代小堀宗慶が「江戸斗々屋」と命銘。高台内は巴はっきりと、ちりめん皺が美しいです。《付属物》内箱-桐白木、書付小堀遠州筆 外箱-桐白木、書付松平不昧筆《伝来》小堀家-冬木家-京都三井家《寸法》高さ6.1~6.5 口径14.2~14.6 高台径5.4同高さ0.6 重さ230

高取焼鶴首 たかとりやきつるくび<< >>忠度 ただのり

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.