瀬戸茶入

田面 たづら

田面 たづら 瀬戸後窯茶入

田面 たづら 瀬戸後窯茶入

田面 たづら 瀬戸後窯茶入

田面 たづら 瀬戸後窯茶入

瀬戸後窯茶入、落穂手。万右衛門作。中興名物。『珍説要録』によれば、佐川田喜六が万右衛門作の茶入を拾い出し、これを小堀遠州が『伊勢物語』の「打佗びて落穂拾ふと聞かませば我も田面に行かましものを」の古歌を引いて「落穂」と命銘したものがあるようで、これに次いでこの茶入を同歌から「田面」と命銘したもので、その後「落穂」の所在が知れず、この「田面」が本歌に準ずることとなりました。
もと天王屋慶手所持で、のち秋元但馬守に伝わり、大正六年同家入札に出て室町三井家に落札しました。
落穂手の姿の特徴は、丸壷形の胴を背の低い肩衝形にした形で、いずれも口造りの捻り返しが強いです。釉も渋栗色が共通しており、「田面」はその中で共色釉のなたれ二筋が景をなしています。
釉際は高低をなし、一部は底際まで及び、一部は裾高く止まっています。
底は糸切が鮮明に現れていますが、飛び釉や石粒などがみられます。
形容・釉色とも同類中の代表にふさわしいといえましょう。添幅に遠州筆小色紙と、遠州・江月和尚両筆の詠草が付属し、これは本歌に添っていたものかと思われます。
『三冊本名物記』『古今名物類聚』『麟鳳亀龍』などに記録。なお大正九年三井家では、この茶入を志野茶碗「卯花培」ととり合わせて茶会を催しています。
《付属物》蓋 仕覆-三、雲鶴銀欄・薩摩間道・茶地金欄織留(図版右より) 挽家-花欄、書付小堀遠州筆 挽家仕覆 箱-桐黒掻合、書付同筆 添幅-1.《伝来》天王屋慶手-秋元但馬守-室町三井家《寸法》高さ6.6 胴径6.7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です