忠度 ただのり

忠度 ただのり 薩摩焼茶入

忠度 ただのり 薩摩焼茶入

忠度 ただのり 薩摩焼茶入

薩摩焼茶入。中興名物。薩摩守忠度の名が知名であることから、薩摩焼であるこの茶入に「忠度」と付けたもので、命銘は『名物目利聞書』によれば細川三斎とあるようで、内箱書付も三斎の筆と推察されます。
もと江戸深川の豪商冬木小平次の所持で、時を経て信州土田城主松平伊賀守の有となり、さらに赤星家に移って、大正六年10月同家第二回入札の節、野村家に納められました。
茶入は薩摩焼としては珍しく正しい肩衝形で、口造りはほどよく、捻り返しも正常であります。
肩は直角ながら角がわずかに丸みをみせ、胴はほぼ直立し底近くですぼんでいます。
その釉景もなかなか多彩で、総体に青茶釉の中に渋紙色をまじえ、肩のあたりに黒釉がむらむらとかかっていて、さらに肩光から白青釉が一条流れ下かって裾にまで及び、釉際に至って止まり見事な置形をなしています。
裾以下は朱泥土を現し、ところどころ切り箆をみせ、畳付は糸切底となっています。
『占今名物類聚しう麟鳳亀龍』などの名物記のほか『赤星家蔵品目録いにも記載されています。
薩摩焼茶入の名物はこのほか「後藤」「甫十」「亀尾」などが知られています。
《付属物》蓋仕覆-二、鎌倉間道・松島裂(図版右より) 仕覆箱-二、桐・書付松平伊賀守筆、一閑張・書付同筆 挽家-鉄刀木 内箱-桐黒掻合塗、朱塗書付細川三斎筆 外箱-黒一閑張、朱漆書付松平伊賀守筆《伝来》冬木小平次-松平伊賀守-赤星家-野村家《寸法》高さ9.2 口径3.3 胴径6.4 重さ175

滝浪 たきなみ<< >>田面 たづら

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.