乾山 やり梅茶碗

鶴田 純久
鶴田 純久

高さ:7.9cm
口径:10.1~10.3cm
高台外径:5.6cm
同高さ:0.5cm

 尾形乾山は、もとより書画においても、その名は一世に高いですが、作陶こそは、彼自らを「焼物商売」と称しているように、家職として終世心血を注いで、刻苦した道でした。乾山また、祖父宗柏。父宗謙の血を享けて、年少にして好学、ニ和漢の教養も深く積み、趣味も高邁でしたが、本阿弥光悦の血筋につながる彼としては、ことに光悦の芸術に、心酔すること深く、乾山芸術の理想は、まさにここに存したといわねばなりません。やがて、仁清について陶法を学ぶことしばし、作陶をもって立つべく決意して、鳴滝泉谷に開窯したのが元禄十二年、ときに乾山三十七歳の、すでに壮年でした。爾来、二条丁字屋町時代を経て、晩年は江戸に移って、この地に八十一歳で没しましたが、老来いよいよ気力盛んに、没年に至るまで作画作陶は衰えず、かえって、いうそうのごみずみずしさを加えています。
 乾山の作陶は、いずれの時代として昏ならざるぱなけが、ことに発足早々の鳴滝時代においては、意気冲天の、壮年溌剌のおりとで、芸術的感興の躍如たるものを、見ることが多いです。この茶碗馴もその作ふうや銘態からみて、また鳴滝時代も、やがて陶ふう醇熟のころの作とみられますが、画賛の出来すこぶる上乗で、嵐ごとに乾山の我意を得たりと、得意満面の顔さえも、そぞろ目に浮かぶような清爽快適の好芸術です。
 素地は、仁清も常用の、白めの黒谷上土で、端正な作りの半筒です。放胆に描かれた鋳画のやり梅は、光琳ふうながら豊潤を加えて、情趣味においてまさり、この種、乾山のやり梅の中でも、ことに白眉と称したいです。また賛の、
造化功成
秋兎毫
乾山省画
(「尚古」角印)
文字は、書を得意とする乾山書中でも、屈指め出来ばえで、しかも態の味わい深く、茶趣津々たるものがあります。単に乾山得意の、やり梅画題というだけでなく、その書画の意気合い、ぴったり吻合して、ことに油然たる情趣横溢して、至妙の境を造成している点において、乾山のやり梅多しといえども、かくも茶味満点の作は、未だ少なしといわねばならないでしょう。「省」は、乾山の名の深省の略、「尚古」は乾山の号、尚古斎で、尚古斎とは、元来鳴滝泉谷における房号ながら、爾来、他の時所でも使用されてはいますが、この場合は、そのまま鳴滝泉谷の証とみてよいです。口縁には縁紅施され、端正な高台内には、可憐な兜巾が品よく立っています。
 付属物は、
内箱 桐白木
同 蓋表書き付け「梅之画 茶碗 紫翠老(乾山印)」
外箱 杉白木
同 蓋表書き付け「乾山 茶碗 梅之画」
伝来不詳。
(満岡忠成)

You might also enjoy

隼井戸 青井戸

名物付属物 内箱 棒書付 伏見宮貞愛親王筆 中箱 桐白木 書付 藪内竹翠筆 外箱 書付村雲尼公筆伝来 浪花 生島家所載 申庚大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:5.9cm 口径:13.4cm 高台径:5.0cm 同高さ:0.

加賀井戸 一名獅子

名物手大名物付属物内箱 桐白木 被紙 書付 松平雪川筆 外箱 鉄刀木 几帳面 蒔絵伝来 土岐美濃守―田沼家―松平不昧所載 古今名物類聚 名物茶碗集 中興名物録 本屋了雲著苦心録 古今茶話 伏見屋覚書 松平不昧伝 大円庵茶

御所丸 黒刷毛 茶碗

付属物内箱 鉄刀木 蓋甲 牡丹金蒔絵 面 唐草蒔絵 金粉沃懸 外箱 桐白木 胴 布地 書付伝来 静嘉堂所載 茶器目利聞書寸法 高さ6.8~7.3cm 口径:10.0~12.9cm 高台径6.9cm 同高さ:0.9cm 重