信楽名物大正名器鑑茶碗

信楽茶碗 銘 水の子

所蔵:根津美術館
高さ:9.1cm
口径:9.6~9.8cm
高台外径:5.5~6.0cm
同高さ:0.8cm

 信楽は、すでに室町時代から、花入・水指などの茶陶では、すぐれた作を出していますが、茶碗では、存外、見るべきものが少ないです。その中にあって、水の子は、その見どころ抜群で、かつ伝来も古く由緒があり、松平不昧もこれを名物並みとし、中興名物同様にたいせつにするよう、世子月潭に薦言したほどで、信楽筆頭の名物茶碗となっています。
 「水の子」の銘は、江月、あるいは宗旦銘と伝えるものもありますが、これは素地に含まれた長石粒が溶けて、白い水玉のようになったのを、見どころとして付けたものでしょう。
 津田宗及所持の伝にふさわしく、古調を存する作ですが、すでに当時、紹鴎信楽、あるいは利休信楽の名のあるように、この茶碗はまた、おそぢく宗及などの好みに出たものか、素朴のうちに茶趣匿々と胞れ、俗びものとして、当初から茶碗に生まれたこと自明です。
 筒茶碗で、信楽物ゆえ、もとより厚手ですが、胴に轆轤(ろくろ)目を見せながら、一見、手づくねのような、ざんぐりした味わいです。釉を使わぬ信楽ですが、膚の出来は、かえっていっそう興深く、緋色と黄褐の火替わりのうちに、それぞれにまた細かな色どりの変化を見せて、景趣の妙はさらに尽きません。しかも、素地に含まれた長石粒の溶けた白釉が、点々と所在に散らばって、ことに緋膚に大小不律の白玉の映発したさまは。最大の見どころで、「水の子」の銘の生まれたゆえんでしょう。上箆目のあとをいささか見ますが、それも器面を整える意図に出たもので、後世亜流のような、わざとらしい空飾的なものでなく、かえって自然の趣を加えています。高台また然りで、これは付け高台ですが、無造作にひねり付けた紐上が、たまたま、ゆがんだ四方の、妙趣津々たるものとなったにすぎません。裾にまた灰がかかり、それが釉状になって、景をなしています。
 口縁から胴にかけて、細い縦貫入が一筋あります。
 付属物は、
内箱 桐白木 蓋裏書き付け 覚々斎「水のこ 信楽茶碗 左(花押) 大徳寺大仲伝」
なお『千家中興名物記』には、箱書き付け江月「水の子」とあり、あるいはもと、江月筆の古箱があったのかもしれません。
 伝来。もと堺の津田宗及所持で、ついで宗及の子に当たる、大徳寺の江月和尚に伝わり、句ち田中仙斎を経て、江戸深川の長者、冬木喜平治の有となりましたが、寛政のころ、百五十両で松平不昧の手に帰しました。近代に及んで、同家から根津青山翁に譲られ、今は根津美術館蔵品となっています。
(満岡忠成)

水の子 みずのこ

名物。信楽焼茶碗。
東国・西国で麦こがしを水の粉といいますが、この茶碗の釉色が麦こがしに似ているところから名がでたのであるでしょうか。
あるいはまた白釉の小点が水玉のようなのでこの名を付けたのであるでしょうか。
津田宗及所持、江月和尚、田中仙斎、冬木喜平次を経て寛政(1789i1801)頃に松平不昧に入り以来雲州家に相伝しました。
現在は根津美術館所蔵。
(『大正名器鑑』)

 信楽茶碗中の傑作として、古来声価の高いものであります。内箱の蓋裏に表千家六世覚々斎原叟が「水の子信楽茶碗左(花押)大徳寺大仲伝」と箱書していることによって、大徳寺の二百八世大仲宗沁が所持していたことがうかがわれ、その前に津田宗及からその子江月宗玩に伝わったと伝えられています。
 腰のまるい小振りの茶碗でやや厚手に成形され、あたかも手挫ねのようなざんぐりした高台は、撫四方に歪んで独特のおもしろみがあります。胴から裾にかけて一部に灰がかかって景色をなし、赤く焼き締まった土膚には大小の白い長石粒が散在していて、その景色に因んで「水の子」と名付けられたのでしょう。
 後に田中仙斎、江戸深川の冬木喜平治と伝わり、寛政の頃松平不昧公の蔵となり、さらに根津青山翁の有に帰し、いまは根津美術館の蔵となっています。