青井戸茶碗 銘 升屋

名物
高さ:5.8~6.1cm
口径:13.75~14.0cm
高台外径:4.55~4.8cm
同高さ:1.25~1.4cm

 かつて堺の豪商、升屋に伝来したためその名があります。
 茶碗の形態は、総体的に引き締まって小振りであり、また高さ:もやや低く、青井戸みなかでも小服に類する茶碗といえます。しかし高台から口部にいたる轆轤(ろくろ)目はかなり手強く、ことに高台の削り出しは力感のこもったもので、しかも左右に高低のついた、変化にとんだ作調をなしています。
 高台ぎわから口縁にいたる側面の姿は、青井戸独特の直線的なものではなく、やや碗形の曲線を示しながら広がっており、また腰に火割れが生じています。釉調は青井戸とはいうものの総体的に青味は少なく、施釉もそれほど厚いもので憶ありません。高台内外の梅花皮(かいらぎ)は、じゅうぶんにあらわれていますが、ことに高台内のそれは味わい深いです。
 内部はかなり荒い貫入が全面にあらわれ、釉色も枇杷色中に青味と赤味がよく出ています。また見込みの轆轤(ろくろ)目が、あざやかにめぐっているのも一つの見どころで、目跡は四つ残っています。総体の釉肌はいったいにやわらか味にとんでおり、しかもか、なり景色の豊かな茶碗ですが、やはりこの茶碗の最大の見どころは、高台から高台まわりにかけての作ゆきにあるように思われます。
 ちなみに、明治時代、加賀の数寄者松山青何の実見記に、「赤み出来にて、高台小さく、内にカイラゲ有り、見込みに糸目の如くロクロ有り」としるされ、また高橋袷庵は、『大正名器鑑』の解説に「所謂百回看不飽と‘。は、此茶碗の謂なるべし」としるして称揚しています。
 桐白木の内箱蓋表に「升屋井戸」、蓋裏には金泥の貼り紙に、「升屋井戸」とありますが、筆者は判然としません。 谷松屋戸田弥七(露吟)の『後学集』には、「青ニテ和ク出来当世ノ碗ナリ、已前鴻池ヨリ加作天忠ヨリ加州亀田氏ソレヨリ尾州へ尾州ヨリ我求所持。其後平瀬氏所持、同氏ヨリ求テ加州能氏へ売、又能氏ヨリ求テ西京入札ニテ売」とあり、明治十九年三月の入札のおりには、四百円の高値で戸田氏に落札したといわれます。また明治二十三年八月の入札では、百五十円で京都の道具商国松に落札、金沢の石黒家に入り、さらに三井高保氏の蔵となって今日にいたりました。
 升屋以前の伝来はつまびらかでなく、いつごろ升屋の什となったかも判然としません。
(林屋晴三)

升屋井戸 ますやいど

名物。朝鮮茶碗、青井戸。
堺の豪商升屋所持、戸田露吟、加賀能久家、同石黒家を経て三井高保家に入りました。
(『大正名器鑑』)

二徳三島茶碗<< >>三島茶碗 銘 亭

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.