大正名器鑑茶入

国司茄子 こくしなすび

国司茄子 こくしなすび 名物 漢作茄子茶入

国司茄子 こくしなすび 大名物 漢作茄子茶入「大正名器鑑」

大名物。漢作茄子茶入。
『津田宗及茶湯日記』の天正元年(1573)5月18日朝わかさや宗可の茶会に「床なすび此壷伊勢国の国司の也」とあるようで、『万宝全書』にも「国司茄子伊勢」とあります。
伊勢(三重県)の国司北畠氏の所有であったことからこの名があります。
飴色地釉に青白い釉がむらむらと現われ、口下において茶入の両面になだれがあるようで、裾のあたりに丸い釉溜まりがあります。
撫肩の格好のよい茄子形の胴中を沈筋一線(少し判別しにくい所もある)が巡り、漢作で地釉・上釉ともに非常によく残月に似ており、口は締まり玉縁は精作で、裾以下は朱泥色の土をみせ、底は上摺れし、本糸切がとぎれとぎれに現われ、釉色は麗しく、形状もはなはだ優美であります。
古来茄子茶人中の絶品と称されたのも決して偶然ではないようです。
伊勢国司北帛氏ののち、天正(1573-92)の頃わかさや宗可に伝わり、のち松花堂(八幡滝本坊昭乗)の有となり、維新後大阪の道具商勝兵衛(通称道勝)に渡り、1871年(明治四)頃金二千両で若狭藩主酒井忠禄に買い取られその後同家に伝来。
現在は藤田美術館蔵。
(『玩貨名物記』『古今名物類聚』『古名物記』『麟鳳亀龍』『瀬戸陶器濫鯛』『大正名器鑑』)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です