お話

黒定窯 こくていよう

黒定窯 こくていよう

また墨定と称することがあります。
定窯の黒いものをいいます。
『格古要論』には「其色黒きこと漆の如し」とあるようで、『清秘蔵』には「甚だ珍とせず」とありますが、項墨林の『歴代名磁図譜』には「ただ一器をみたるのみ」とし、すこぶるこれを珍重しています。
今日では定窯風の牙白の胎と鋭く薄いつくりを持ち、爪一褐色の光沢ある釉薬の掛かった器を黒定窯としています。
中にはこの釉上に金彩を焼き付けた器もまれにあるようで、黒定金彩と呼ばれる。
コクド瀬戸系陶窯で登窯の最後部の煙出しをいいます。
クド(竃突)は竃の後の煙出しの意であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です