光悦大正名器鑑茶碗重要文化財

光悦 黒楽茶碗 銘 雨雲

重要文化財
高さ:8.8cm
口径:11.7~21.3cm
底径:6.1cm

 雨雲の銘は、火間と釉がかりとの景を、驟雨激しい、雨雲に見立ててのものであったと考えられます。
 光悦作黒楽茶碗として、時雨・雨雲・鉄壁・七里などが、古来声価が高く、うち鉄壁と七里は同形であり、時雨・雨雲が共通の作ぶりです。鉄壁は、残念なことに、大正大震災で焼失したと伝えられています。なお、七里と同形の黒茶碗は、他に一~二碗見ているが、時雨・雨雲形の茶碗は、今まで知られている限りでは、この二碗のみで、楽焼き茶碗としては、光悦独創の形態の茶碗といえます。
 雨雲は、時雨同様に、高台をきわめて低くした茶碗で、時雨の場合は、低いながらも高台状に削り出されていましたが、この茶碗はほとんど碁笥底状で、わずかに小高く現わされて、そこに目跡が残り、高台内をまるく削り込んでいるのが特色です。
 まるく強く張った腰、胴から口辺にかけての形は、時雨とほとんど変わりませんが、時雨は胴から上部が、総体的にやや引き締まっていますのに、雨雲は、一方のみ口辺で少しくびれ、口縁は心持ち端反りになっています。
 口縁は、力強く横影沁働き、あたかも、平らに切り取ったかのような作ゆきですが、時雨は、これほど強い趣ではなく、もっと静かに削り出されています。さらに口まわりに、ゆるやかな高低がつけられているのが、この茶碗では特に印象的です。
 内外の口辺と、胴順・腰・高台齢などの一部を除いて、黒楽釉が厚くかかり、その釉膚は、かなりの高火度で焼成されたためか、よく溶けて漆黒色をなしています。なかでも釉がかりの景として、最も特色のあるのは、口辺や胴裾に、あたかも雨雲のような趣に、やや斜めに火間が現れていることで、そのむらむらとした変化に富んだ景は、独特のものです。
 釉のかかっていない部分は、あたかも鉄膚を見るような趣に焼き上がっていますが、このいわゆる火間の部分が、窯中で自然に釉が飛び散って生じたものか、あるいは、初めから意識的につくられたものか、今日、識者の間でも二説あり、陶芸家の間でも、楽吉左衛門氏は、自然に飛び散ったものといい、光悦写しに巧みな山田惣吾氏は、人為的に掻き落としたものとみています。
 雨雲に関しては、両説とも考えられますが、時雨の場合は、おそらく窯中で飛び散ったもののように見受けられます。雨雲の火間を、人為的に掻き落としたものとすれば、まことに作為的な釉がけであるといえますが、それにしては一方の腰まわりの火間や、高台脇の火間は、やや作為がなさすぎるようにも見受けられます。
 総体の厚みは、時雨より厚手で、厚い部分と薄い部分とがあって、一定していません。見込みには茶だまりはなく、広く大きく削り出されているのは、他の光悦茶碗と同様です。
 口縁から胴にかけ、一ぶ所に山割れが生じています。
 桐内箱の蓋裏に、「光悦黒茶碗銘雨雲左(花押)」と千宗左覚々斎原叟の書き付けがあり、蓋表の「黒光悦茶碗原叟宗左書付」の服め書きは、筆者不詳です。
 光悦に近いころの伝来は、つまびらかでなく、古くから、京三井八郎右衛門家の伝来として知られています。
(林屋晴三)

黒茶碗 銘雨雲 104

重要文化財
高さ8.8cm 口径11.7~12.3cm 高台径6.1cm
三井文庫
 内箱蓋裏に覚々斎原叟が「光悦黒茶碗 銘 雨雲 左(花押)」と書き付けています。「時雨」とともに光悦黒茶碗の代表作として名高いものです。姿も「時雨」と同様の形式で、高台は極めて低く、腰をまるく張らせ、腰から口にかけてはほぼ直線的に立ち上がっていますが、胴に僅かにふくらみをつけ、一部口辺で引き締めています。「時雨」の場合は低いながらも高台がまるく削り出されていましたが、この茶碗はほとんど碁笥底状で、僅かに小高くつけられ、高台内を浅くまるく削り込み、畳付に目跡が不規則に五つ残っています。ロ部は一方やや端反りになり、口縁は平らに鋭く削っていますが、手握ね茶碗におけるこのような作為は光悦独特のものといえます。ロ縁は薄く厚く不規則であり、緩やかに高低がつけられていて、この茶碗は口部の作振りが特に印象的です。
 内外の口辺と、胴裾、腰、高台脇などの一部を除いて黒和が厚くかかり、漆黒色によく溶けていて、釉調はノンコウの黒和と同様です。胴および胴裾の一方に、釉を掻き落としたように斜めに火間があらわれているのを、激しい雨雲に見立てて名付けられたものと思われますが、釉のかかっていない部分は「時雨」と同じく鉄の膚を見るような趣に焼き上がっています。見込には茶溜りはなく、緩やかにまるみをつけて平らに作られ、口辺に窯割れが二筋生じています。
「時雨」よりも総体やや厚手で、手取りも重いです。
 光悦に近い頃の伝来は不詳ですが、古くから三井八郎右衛門家伝来として知られ、最近三井文庫に寄贈されました。

雨雲 あまぐも

黒楽茶碗。光悦作。重文。黒釉の景を雲脚の速い雨雲に見立てて覚々斎が命銘。総体に丸造りで、口縁一部が端反りになっています。
やや薄造りで、口縁は切回しの口箆鋭く、胴には竪箆がみえます。
ノンコウ風の漆黒の釉が胴に刷かれ、ところどころに火間があります。
これは光悦創意の意匠と推察されます。
高台平たく碁笥底風。本屋了雲が「艶高き所とさびたる所とあり」といいましたが、けだし名評で、ここに雨雲の特色があるようで、また光悦の工夫もあったとみられます。
《付属物》箱-桐白木書付、蓋裏書付覚々斎原叟筆被覆-木綿間道《伝来》京都三井家《寸法》高さ8.6~9.2 口径11.7~12.4 高台径3.2~4.6 同高さ0.5 重さ357