茶碗

獅子 しし

獅子 しし 黒楽茶碗

黒楽茶碗。
ノンコウ作。
名物。ノンコウ七種の内。
総体に薄手で、口造りは内に抱え山道をつくり、蛤の合口の先端のように薄く尖った、いわゆる蛤端になっています。
高台畳付は平らで、目が三つあり、角は切れるように鋭いです。
高台際の切込みは深く、内の印付きは鮮やかです。
総体に光沢ある漆黒の釉がかかり、幕釉も見事で、蛇蝸釉が正面に景をなします。
「獅手」の如心斎銘は、この景を橋に見立てて、能の「石橋」に因んでの命銘といわれます。
土見には水釉が薄くかかっています。
《付属物》内箱-桐白木、蓋裏書付如心斎宗左筆
《伝来》金沢村彦家
《寸法》高さ8.4 口径12.3~12.5 高台径5.2 同高さ0.7 重さ303