お話

味噌屋肩衝 みそやかたつき

味噌屋肩衝 みそやかたつき 漢作唐物肩衝茶入

味噌屋肩衝 みそやかたつき 漢作唐物肩衝茶入

味噌屋肩衝 みそやかたつき 漢作唐物肩衝茶入

味噌屋肩衝 みそやかたつき 漢作唐物肩衝茶入

漢作唐物肩衝茶入。
大名物。「味噌屋」の名は所持者の屋号によるものと思われますが、その存在は明らかでないようです。
また別名を「栄仁肩衝」といいます。
これは亀屋栄仁が所持したことによります。
伝来は味噌屋某から将軍家に献上され、秀忠から亀屋源太郎(栄仁)に賜りました。
次いで京都の糸屋重左衛門良斎がこれを求め、さらにいつの頃か鴻池家の有となりました。
一説には亀屋から糸屋へ伝わる間に加藤風庵が所持したともいわれています。
口造りは大振りで、捻り返しが強く、刃先が鋭いです。
肩もかっきりと衝き、胴は樽形様に張り、腰で次第にすぼまっています。
胴の一部にふくらんたところと、腰の一部に窪んたところとがあります。
釉景は総体に黒飴釉がかかり、その中に共色の景色がみられ、鮮明ななたれはみられませんが、裾の釉際で溜りをなしています。
土は唐物特有の赤鼠色のねっとりしたもので、畳付は板起こしになっています。
胴のやや上部に沈筋がかすかにめぐっていて、ところどころに指頭形のひっつきがみられます。
その記録は『茶話真向翁』『雪間草』『古今名物類聚』『麟鳳亀龍』『鴻池蔵帳』などにみることができます。
《付属物》蓋 仕覆-四、波紋宝尽緞手・御納戸地笹蔓緞手・鎌倉間道・白極緞手(図版右より) 挽家-黒塗紐付 内箱-モール、唐物錠前付 桂漿四方盆
《伝来》味噌屋某-徳川秀忠-亀屋源五郎-(一説に加藤風庵)-糸屋重左衛門良斎-鴻池家
《寸法》高さ7.9 胴径7.1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です