茶碗

鶴 ぬえ

鶴 ぬえ 赤楽茶碗

赤楽茶碗。
ノンコウ作。
ノンコウ七種の内。
口造りはやや抱え、胴部には踊り箆を使って作行きに変化があります。
素地は赤く土見ずで、失透ぎみの釉を透かして、冴えた赤みが隠見します。
半面には緑釉をまじえ、また黒雲のような横刷毛目が一層景色に趣をそえます。
この黒刷毛目から、源頼政の鵺退治の闇夜を連想させて命銘。
高台は切込み深く、畳付は平ら。
《付属物》内箱-杉白木、書付覚々斎原叟筆、蓋裏書付同筆 外箱-桐白木、書付久田宗悦筆、蓋裏書付同筆 添状I除々斎宗左筆
《伝来》久田宗全-舟木宗川-地黄丸屋-久田宗悦-表千家-京都三井家
《寸法》高さ8.8~9.0 口径11.9~12.2 高台径5.8 同高さ0.6 重さ388