志野茶碗

鼠志野茶碗 ねずみしのちゃわん

鼠志野茶碗 ねずみしのちゃわん 志野茶碗

先に鉄釉をかけ、細い箆で橋文様を線彫りにし、その上へさらに白い長石釉をかけますと、全体は二重釉のために鼠色にみえ、鉄釉を彫ったところだけが白く抜けて絵になっています。橋の絵の反面は、甲骨のような葉文様が彫られ、高台は志野茶碗には珍しく、釘彫り状の渦巻が二重高台のような形につくられています。分厚い器体、腰の大きく外へ張り出した器形には、安定した気分がみなぎり、桃山武士の好みをうかがわせるに十分です。《付属物》箱-桐白木、蓋裏書付藪内竹翁筆《寸法》高さ8.2~8.8 口径13.2~13.5 高台径6.8 同高さ0.9 重さ619