三芳野 みよしの

三芳野 みよしの 萩茶碗

萩茶碗。この茶碗の見所は高台にあります。高台の白釉は藁灰釉の失透によるもので、これが白く柔らかい淡雪のほのかさを想わせます。そこに茶人はこの茶碗の面目をみたのでしょう。井戸茶碗に似たかいらぎがあり、手取りは柔らかく、形姿も堂々としている。時代を同じくしても、薩摩や高取焼の茶碗と比べると性骨さがなく、茶によく似合い、日本的な風情が横溢しています。「三芳野」という銘の由来については定かでありません。《付属物》内箱-桐溜塗、金粉字形《伝来》京都南三井家《寸法》高さ8.7~9.1 口径12.7~13.8 高台径6.1 同高さ1.0 重さ405

祥瑞山水宝尽双鶏丸文砂金袋水指 しょんずいさんすいたからづくしそうけいまるもんさきんぶくろみずさし<< >>祥瑞蜜柑松竹梅文水指 しょんずいみかんしょうちくばいもんみずさし

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.