茶碗

萩茶碗 銘 みよしの

高さ:9.0~9.3cm
口径:13.0~13.8cm
高台外径:6.3~6.5cm
同高さ:1.3cm

 萩焼は、茶方では昔から一楽、二萩、三唐津といわれて、楽に次いで重視され、国焼では筆頭になっていますが、これはざんぐりとして、いかにも茶味たっぶりなことが、茶人の人気を博したのでしょう。
 萩焼も九州諸窯と同じように、朝鮮役後、連れ帰られて帰化した、かの地の陶工によって創められたもので、毛利輝元が文禄二年、連れ帰った朝鮮陶工、李勺光・李敬兄弟が、萩焼の元祖です。李敬は、のちに坂高麗左衛門と名のり、萩の松本中の倉に窯を築きましたが、これが松本萩の初代で、李勺光のほうは、孫の三代山村平四郎光俊の代になって、深川三の瀬に窯を開いて、深川萩を始めました。すなわち萩焼には、李敬系統の松本萩と、李勺光系統の深川萩とがあり、いずれも、今日ますます盛大に、業を続けています。
 萩は毛利侯の御用窯で、茶陶を主としていますが、初期のものには、いったいに朝鮮写し、ことに井戸、粉引、刷毛目、三島などの写しが多いです。しかし、しだいに和ふうをおびたものが作られて、この「みよしの」茶碗も、作ふうの基調には、なお朝鮮ふうをとどめていますが、表現の上では茶旨に則した、和様の心入れが濃く反映しています。作ふうや釉調からみて、松本萩とみられますが、「みよしの」の銘は、総体に御本だちの、赤みをさして美しいのにちなんで、付けられたものでしょう。
 轆轤(ろくろ)目の立った、手強い作りで、ことに裾から高台にかけては、放胆な箆削りや、魁偉な高台作りなど、大きな見どころとなって、総体に豪宕の感が深いです。高台は朝鮮ふうの割高台から出て意匠化された、古萩の特色たる、いわゆる桜高台(桜花状からいう)の、典型ともいうべきもので、通途の桜高台の、形式化されて軽佻繊弱なのに比べて、豪快重厚の趣に富んでいます。高台内は、巴状の箆使いに兜巾強ぐ立ちで内まで総釉の土見ずでありますが、おりおり露見している素地は、赤土です。井戸ふうの、大小の貫入ある枇杷色釉が、内外にわたって、みごとにかかり、素地の赤みが、御本ふうに釉膚に美しく映えて、ひとしおの茶味を加えています。高台脇から内へかけては、脇取りの箆あとに、釉がたまって白く彩み、梅花皮(かいらぎ)状になって、桜高台と相まって茶趣の津々たるものがあります。
 形は本来、半筒ながら、幽の辺を四ヵ所、指で押さえて撫で四方ふうになっていますが、内面には、その押えが膨みになって出ています。また茶だまりは、巴になっています。釉膚内外にわたって、小点の案穴散在し、また青替わりもあって、ともに一種の景となっています。
 付属物は、
内箱 桐黒塗り 蓋表金粉字形 桑山左近「ミよし野」
同 底貼り紙(南三井家)「此茶碗往昔ヨリ当家収蔵品記二元萩焼卜相記在之、今般自得斎老目利二曰、往古萩窯二元祖高麗左衛門直作、俗二称桜高台ト、底ノ格好桜花ノ形成ヲ以テ通称ス、ロノ撫四方二成シハ別而形補由ニテ鑑嘆在之」
外箱 蓋裏書き付け「内箱銘 桑山左近筆痕也」
伝来。内箱底の貼り紙により、南の三井家に伝わったことは判明しますが、その他について詳しいことは不明。
(満岡忠成)

三芳野 みよしの

萩茶碗。この茶碗の見所は高台にあります。高台の白釉は藁灰釉の失透によるもので、これが白く柔らかい淡雪のほのかさを想わせます。そこに茶人はこの茶碗の面目をみたのでしょう。井戸茶碗に似たかいらぎがあり、手取りは柔らかく、形姿も堂々としている。時代を同じくしても、薩摩や高取焼の茶碗と比べると性骨さがなく、茶によく似合い、日本的な風情が横溢しています。「三芳野」という銘の由来については定かでありません。《付属物》内箱-桐溜塗、金粉字形《伝来》京都南三井家《寸法》高さ8.7~9.1 口径12.7~13.8 高台径6.1 同高さ1.0 重さ405