田子浦 たごのうら

田子浦 たごのうら 萩茶碗

萩茶碗。名物。古来、茶人の間で特に好まれたのは、萩茶碗や志野茶碗に代表されるような、ふくよかな柔らかさでしょう。そして、この茶碗のようにどこかに明るさがほのかに漂っていれば申し分がありません。形は筆洗形で、釉色は枇杷色。下方にIカ所、白く釉が抜け、見込には白釉がねっとりとかかっています。銘はその白釉を雪と見立て、田手浦に立つ富士を連想したものと思われます。《付属物》内箱-桐白木、書付玄々斎宗室筆、蓋裏黒塗金粉字形《伝来》加賀粟崎木谷家-上田家《寸法》高さ8.0~8.5 口径21.0~21.8 高台径5.1 同高さ0.9 重さ360

竹屋井戸 たけやいど<< >>立鶴 たちづる

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.