萩茶碗 田子浦 たごのうら

鶴田 純久
鶴田 純久

萩 銘田子浦

田子浦 たごのうら

田子浦 たごのうら 萩茶碗

萩茶碗。名物。古来、茶人の間で特に好まれたのは、萩茶碗や志野茶碗に代表されるような、ふくよかな柔らかさでしょう。そして、この茶碗のようにどこかに明るさがほのかに漂っていれば申し分がありません。形は筆洗形で、釉色は枇杷色。下方にIカ所、白く釉が抜け、見込には白釉がねっとりとかかっています。銘はその白釉を雪と見立て、田手浦に立つ富士を連想したものと思われます。《付属物》内箱-桐白木、書付玄々斎宗室筆、蓋裏黒塗金粉字形《伝来》加賀粟崎木谷家-上田家《寸法》高さ8.0~8.5 口径21.0~21.8 高台径5.1 同高さ0.9 重さ360

前に戻る

You might also enjoy

油滴天目 根津美術館

根津美術館高さ;6.6cm口径:12.1cm高台外径:3.8cm同高さ:0.5cm 曜変天目として伝世したものですが、今日ではむしろ油滴の一種と考えられるようになっています。器形は正しい建盞形、鉄分を多量に含んだ、堅い、

油滴天目 松平家

大名物重要文化財高さ:6.8~7.0cm口径:12.5~12.8cm高台外径:4.0cm同高さ:0.6cm わが国に伝世した油滴天目のなかでは、若州酒井家伝来の茶碗と双璧とされていますが、形の整っていることではこの茶碗が

油滴天目 酒井家

大名物国宝高さ:6.8~7.0cm口径:12.3 cm高台外径:4.3cm同高さ:0.7cm 『君台観左右帳記』の一本には、「油滴 曜変の次……上々は曜変にも劣るべからず」とありますが、これはまさしく油滴のうちの上々、稀