鼠志野茶碗

高さ:7.8~8.3cm口径:12.4~13.3cm高台外径:5.7~6.0cm同高さ:0.6cm  白い素地に赤土を化粧し、これを掻き落として紋様を描いた上に、厚い志野釉をかけて焼きますと、膚がくすんだ鼠色になり、俗に […]

菊花天目茶碗

中興名物所蔵:藤田美術館高さ:6.6cm口径:12.2cm高台外径:4.7cm同高さ:0.6cm  瀬戸天目の一種で、内外にわたり口縁下から胴にかけて濃い飴釉を施し、さらに口縁に流動性の黄瀬戸釉をかけだのが、内外に縞状に […]

乾山 やり梅茶碗

高さ:7.9cm口径:10.1~10.3cm高台外径:5.6cm同高さ:0.5cm  尾形乾山は、もとより書画においても、その名は一世に高いですが、作陶こそは、彼自らを「焼物商売」と称しているように、家職として終世心血を […]

仁清 片男波茶碗

高さ:9.5cm口径:11.7~12.6cm高台外径:5.0cm同高さ:0.7cm  古来、加賀における仁清茶碗の中では、能久治の金筋茶碗とともに双璧と称され、ととに片男波は、作ぶりのおもしろさから、声価の高いものでした […]

仁清 金銀花菱茶碗

高さ:8.4cm口径:11.4cm高台外径:5.2~5.3cm同高さ:0.8cm  半筒形に、花菱と横縞の段模様という、仁清の色絵茶碗としては、比較的単調な意匠ですが、その寸法比例のよさ、巧みな配色、特に金色の思い切った […]

絵唐津 丸十字文 茶碗

高さ8.9cm 口径14.1cm 高台径5.6cm出光美術館 唐津独特の素朴な轆轤びきの茶碗で、腰はまるく口は僅かに端に反っている。高台内は浅くまるく削り出されている。腰から高台にかけては土見せで、胴の二方に丸十の文様を […]

彫唐津 茶碗

高さ:9.5~10.0cm口径:12.5~14.1cm高台外径:7.3~7.5cm同高さ:0.4cm  特に銘はついていません。腰のすわった大ぶりの堂々たる作です。その大きさと形から見て、元来、鉢として作られたものを、の […]

絵唐津 菖蒲文 茶碗

高さ:8.7~9.1cm口径:11.8~12.2cm高台外径:6.1~6.4cm同高さ:0.7cm  絵唐津は遺品の数の、かなりに多いものです。桃山末から江戸初期にかけて、わずかの間しか作りませんのに、残っているものは相 […]

瀬戸唐津 皮鯨茶碗

高さ6.0㎝口径15.9㎝高台径5.1㎝滴翠美術館 土はやや荒いが色が白く、上にかかる釉も長石の多い白釉なので、志野や絵瀬戸など瀬戸系のものに似ています。そんなところからこの類の茶碗を瀬戸唐津と呼び習わしていますが、道納 […]

唐津茶碗 銘 ねのこ餅

高さ10.4㎝ロ径9.5㎝高台径5.5㎝ 奥高麗といえぱ、これまで見てきた諸例のように、丸い椀形の茶碗に限られます。だからこの筒茶碗は、「古唐津」といわれても、「奥高麗」として扱われたことはかつてなかったことであります。 […]