加賀井戸 一名獅子

名物手大名物付属物内箱 桐白木 被紙 書付 松平雪川筆 外箱 鉄刀木 几帳面 蒔絵伝来 土岐美濃守―田沼家―松平不昧所載 古今名物類聚 名物茶碗集 中興名物録 本屋了雲著苦心録 古今茶話 伏見屋覚書 松平不昧伝 大円庵茶 […]

志野茶碗 銘 牛若

高さ:7.6~8.0cm口径:12.3~12.5cm高台外径:6.5~6.9cm同高さ:0.8~0.9cm  志野の茶碗には、橋の絵を描いたものを多く見うけます。これらを住吉神社にちなんで、住吉茶碗と呼んでいますが、この […]

志野茶碗 銘 亀のをの山

高さ:7.6~7.8cm口径:12.5~13.0cm高台外径:5.8~6.2cm同高さ:1.0~1.1cm  胴に亀甲つなぎの紋様がありますので、「亀のをの山」と名付けられたのでしょうが、それは『古今和歌集』巻七の賀歌「 […]

瀬戸利休茶碗

高さ:10.0cm口径:10.3~12.0cm高台外径:4.5~5.0cm同高さ:0.7cm  蓋表に「瀬戸利休」とありますが、作ゆきからいって瀬戸黒の一手とみなされる茶碗です。 名古屋八勝館の利休瀬戸「万歳」にしても、 […]

天目茶碗

大名物重要文化財所蔵:徳川美術館高さ:6.6~6.8cm口径:12.2~12.3cm高台外径:4.5cm同高さ:0.7cm  志野にちかい長石釉の厚くかかった天目形りの茶碗を俗に白天目と呼んでいる。近年美濃の窯跡から出土 […]

菊花天目茶碗

中興名物所蔵:藤田美術館高さ:6.6cm口径:12.2cm高台外径:4.7cm同高さ:0.6cm  瀬戸天目の一種で、内外にわたり口縁下から胴にかけて濃い飴釉を施し、さらに口縁に流動性の黄瀬戸釉をかけだのが、内外に縞状に […]

仁清 金銀菱茶碗

所蔵:熱海美術館高さ:8.0~8.1cm口径:8.7~9.0cm高台外径:4.9cm同高さ:0.5cm 所蔵:熱海美術館高さ:9.2cm口径:9.8~10.0cm高台外径:4.8cm同高さ:0.5cm  大小入れ子に作ら […]

仁清 片男波茶碗

高さ:9.5cm口径:11.7~12.6cm高台外径:5.0cm同高さ:0.7cm  古来、加賀における仁清茶碗の中では、能久治の金筋茶碗とともに双璧と称され、ととに片男波は、作ぶりのおもしろさから、声価の高いものでした […]

乾山 滝山水茶碗

高さ:7.8cm口径:10.3cm高台外径:5.4cm同高さ:0.7cm  乾山の茶碗の中で、最も著名なものの一つであり、また乾山全作品中でも、屈指に数えられる優作です。 乾山は、仁清の陶法を伝習しながら、また別に自己流 […]

仁清 扇流し茶碗

高さ:7.7cm口径:12.1cm高台外径:4.9cm同高さ:0.7cm  仁清錦手茶碗の白眉として、斯界に著聞するもので、をの優雅な意匠によって、扇流しと呼ばれています。 形は穏やかな碗形りで作り薄く、高台も華奢で品よ […]