志野茶碗

鼠志野 檜垣文 茶碗 銘 さざ波

高さ:8.5cm
口径:13.3~13.7cm
高台外径:6.5cm
同高さ:0.7cm

 高麗茶碗の彫三島の紋様を鼠志野の技法でまねた珍しい茶碗で、その直線による幾何学紋様は、普通檜垣模様と呼ばれていますが、これは元来、青海波模様であったのが、このように略化したものと考えられます。この強く荒い感覚の茶碗に、優しく「さざ波」と名をつけたのは、名づけ親、金森宗和のひとひねりした皮肉でしょう。
 素地は全面鬼板でおおわれていますので、さだかではありませんけれども、高台辺の土昧から見ると、普通のもぐさ土の柔らかい上がりとは異なって、堅固で粗いです。荒々しく削り放し犯した高台が大きくすわり、それに低い腰が強く出ばっていますので、非常に内容の充実した、重量感のある姿になっています。口縁部の変化にとんだ起伏、腰まわりの強い仕上げ、とくに高台の作調は手強く、畳つきには糸切りのあとがそのまま残っていますし、高台内の箆使いは豪快そのものです。
 この茶碗の作成技法は、まず普通より固めの白い素地土を轆轤(ろくろ)・箆・指頭などで茶碗の形に整えてから、その全面に鬼板の溥影をずぶがけにしています。しかしこのままではおそらく高台の調子が鈍くなりますので、これを考慮して高台の部分だけ、厚くかかった鬼板をぬぐって薄い層にしています。すなわち、高台面に現れている土色は、なお鬼板の薄い層におおわれていますので、淡い鼠色を呈しているわけです。高台と高台わきの鉄分の多いです。
 露胎部と比較すれば、容易にうなずけましょう。それから、茶碗の内外に所要の刻線紋々彫りつけますと、その部分に素地の白いところが現われ、これに志野独特の白濁の長石釉をかけることによって、刻線の部分が白く象眼のような調子になるのです。
 釉下の鬼板の発色は、鬼板自身の濃淡、それに長石釉の厚薄もあって、灰かっ色の鼠の中にい赤味がかったところ、青味のところなど、いろいろと微妙の変化が見られます。とくに見込みの底面近いあたりは、鬼板と釉薬の厚い層がよく溶融して、濃く美しい深みのある紫かっ色となり、外底の粗く枯燥なのに対し、艶と潤いのある妙味ある対照を示して、この茶碗の大きな見どころになっています。
 また、白い斜線紋は茶碗の内外ほとんど全面にわたっていますが、それほど繁雑ではなく、その単調なくり返しと粗い構成は、むしろあざやかさ、明るさを盛り上げるのに役だっています。彫三島を模しながら、青海波模様にこだわらず、自由に処理しているのが、かえって味わいある効果をもたらしているといってよいでしょう。ともあれ、意匠的には異常の姿をとりつつ、志野の材質美を十分に発揮した珍しい茶碗です。
 口縁部に繕い一ヵ所あるほか、傷は少ないです。
 京都平瀬家伝来、箱には宗和筆の貼り紙が見られます。
(藤岡了一)

鼠志野 檜垣文 茶碗 銘 さざ波 091

Gray Shino tea bowl. with higaki pattern. known as ‘Sazanami’
Diameter 13.7cm
高さ8.5cm 口径13.3~13.7cm 高台径6.5cm
 「さざ波」は、この種の腰高の鼠志野茶碗の代表的な作例で、ことに釉膚が柔らかく、赤味は濃くあらわれ、鼠志野としては最も味わい深い釉膚の茶碗である。胴にあらわされた檜垣文は、明らかに高麗茶碗の彫三島の文様を写したものと考えられる。この種の茶碗がいつごろ焼かれたかはっきりしないが、その作振りから推して、 おそらく文禄から慶長の初めにかけて焼かれたものと推測される。とすれば彫三島茶碗も、それ以前にわが国からの注文によって朝鮮で焼かれたものと考えられる。そうした朝鮮への注文茶碗(御本茶碗)と、わが国における美濃の茶碗との関連性を物語る興味深い作例の一つである。高台は比較的素直なまるい付高台で、口には緩やかな起伏がつけられている。この種の鼠志野茶碗は、大萱か高根東窯の作と推測されている。