鼠志野 銘横雲

鶴田 純久
鶴田 純久

付属物 箱 桐 白木 書付 小堀権十郎筆
寸法
高さ:8.2ー8.9cm 口径:12.5―13.0cm 高台径:6.2ー6.6cm 同高さ:0.4―0.7cm 重さ:525g

 筆者は、昭和十五年の鴻池家の売立ての際、この茶碗をはじめ見て感動しました。
鼠志野茶碗の中では、逸品中の逸品です。
 前に記したとおり、同じ陶片を昭和七年の窯下窯の発掘で得ていますから、なおさら印象をふかめたのでしょう。
 この茶碗が名碗たる所以の第一は作域、第二は焼き上がりの色調にある。
 美濃の窯下窯で造られた当時の鼠志野茶碗に、共通していえることですが、黒みをおびた鼠色の中に、寂びがかった赤味が強烈にひそんでいることです。一見、真っ赤ではないかと思われるほどの力で迫ってくるものをもっています。口径が13センチもあって、実に堂々とした名碗です。
 この「横雲」は、その赤が横筋になって幾筋も現われていますが、これを夕焼雲と見たのでしょう。

前に戻る

You might also enjoy

油滴天目 根津美術館

根津美術館高さ;6.6cm口径:12.1cm高台外径:3.8cm同高さ:0.5cm 曜変天目として伝世したものですが、今日ではむしろ油滴の一種と考えられるようになっています。器形は正しい建盞形、鉄分を多量に含んだ、堅い、

油滴天目 松平家

大名物重要文化財高さ:6.8~7.0cm口径:12.5~12.8cm高台外径:4.0cm同高さ:0.6cm わが国に伝世した油滴天目のなかでは、若州酒井家伝来の茶碗と双璧とされていますが、形の整っていることではこの茶碗が

油滴天目 酒井家

大名物国宝高さ:6.8~7.0cm口径:12.3 cm高台外径:4.3cm同高さ:0.7cm 『君台観左右帳記』の一本には、「油滴 曜変の次……上々は曜変にも劣るべからず」とありますが、これはまさしく油滴のうちの上々、稀