中興名物朝鮮茶碗

千種伊羅保茶碗

高さ:6.9~7.1cm
口径:13.9~14.1cm
高台外径:5.7cm
同高さ:0.9~1.0cm

 平瀬家の千種伊羅保と同じく、千種宰相家伝来と伝えていますが、両碗ともに千種家に蔵されていたという伝えは、いささか信憑性に乏しく、その間の消息は判然としません。
 作ゆきは、平瀬家伝来の茶碗とほとんど同様で、おそらく同じ作者が、同時に焼造したものと思われますが、もちろん形姿、釉調におのずから少しの違いがうかがわれます。
 片身替わりにかけられた釉は、鋳茶色に焦げた伊羅保釉が三分の一ほどかかり、三分の二は、青みをおびたびわ色の井戸釉が厚くかかっています。そして外側の一部に、口辺から高台にかけて、ひときわ厚く井戸釉のなだれがあり、高台ぎわで一段と青みを増して美しい景をなし、また別の面には、高台ぎわに指あと二つ、くっきりと現れているのも、巧まない景となっています。`内面の井戸釉のかかった部分に、くっきりと刷毛目が二刷毛つけられ、一刷毛は口辺に沿って横に、一刷毛は口辺から見込みにかけて斜めに施ぎれ、刷毛の部分の井戸釉は青みも強く、貫入も粗く出ています。また鋳茶色の黄釉の焦げも美しいです。
 高台から腰にかけては梅花皮(かいらぎ)が現われ、この部分の変化に富んだ景は、まことに味わい深いです。見込み中央の目跡は判然としませんが、側面井戸釉中に、小さな鉄斑が二つ三つ飛んでいるのが目につきます。高台内の削りは、平瀬家の茶碗よりもやや浅く、口辺の反りも、平瀬家の茶碗のほうが少し深いです。
 樋口の口作りは両者ほとんど同様で、この茶碗も釉の薄い部分は、きっかりと轆轤(ろくろ)目が立っています。そして約束のベベラも小さく一ヵ所にできています。
 高台の畳つきはやや厚く、そこに目跡が五つあり、そのうち二つは連なっています。高台内に石の抜けあとがあり、また中央に、見込みまでとおった山割れがでています。外側の口辺にも石はぜの抜けたあとがあり、また釉膚には、小石の粒がいくつも現われています。
 内箱蓋表の「千種」の二字は、伝えによると細川三斎の直筆といわれていますが、もし千種家にあったとき三斎が書き付けしたとすれば、正保二年(三斎没八十三歳)以前のこととなり、千種家初代の有能のころであったと推察されます。また『諸家名器集』には、「千種伊羅保千種宰相所持、細川三斎所持云々」とあ勺、千種家から細川三斎に渡ったとみていますが、これは、おそらく箱書き付けの筆者が三斎と伝えられていることから、三斎所持とみたもので、はたして三斎が所持していたか否かは判然としません。もし三斎が所持したとすれば、千種有能は少年時代に所持していたことになります。
 そのごの伝来は、のちに土井大炊頭、松平甲斐守に伝わり、享和ごろに、江戸の道具商本屋惣吉、木屋了我の取り次ぎで松平不昧公の蔵となりましたが、その代金は五百両(「説には五百五十両」であったと記録されています。”
 『雲州名物記』には中興名物茶碗之部に加えられて、以来松平家に伝来しましたが、昭和七年、同家から新潟の中野忠太郎に譲られ、さらに太平洋戦争後、同家から出て現所持者の蔵となりました。
 内箱蓋表の書き付け「千種」は細川三斎、中箱の金粉字形「意羅保千種」の筆者は(紀国屋文左衛門と伝えられています。
(林屋晴三)