赤茶碗 銘無一物 016

赤茶碗 銘無一物 016
赤茶碗 銘無一物 016
赤茶碗 銘無一物 016
ライン

重要文化財
高さ8.6cm 口径10.8~11.2cm 高台径4.8cm
頴川美術館
 内箱蓋表に「無一物 宗室(花押)」と仙叟宗室が書き付けています。
そして、のちにこの茶碗を愛蔵した松平不昧が外箱を調製して、蓋表に「無一物 赤茶境」としたためています。伝来は、仙叟の後は判然としませんが、その後京都の清水藤太郎の所持となり、さらに松平不昧の蔵となっています。
 「一文字」とともに長次郎赤茶碗の代表作といえるもので、私はこのような器形こそ利休好みの典型ではないかと推測しています。口部は「大クロ」と似て僅かに内に抱え、胴にはふっくらとまるみを持たせ、さらに腰から高台にかけて静かにすぼまってゆく姿は無作為の極といえ、「無一物」の銘もその趣に因んだものであったのでしょう。この茶碗の場合も、高台は口径に比して小さく、畳付にまるみを持たせて穏和に作られ、高台内には渦兜巾をくっきりと削り出していますが、その作行きには「大クロ」と同じような手ぐせがうかがわれます。また管見の長次郎焼茶碗のなかでも、底の作りが異常に分厚いのもこの茶碗の特色であり、したがって手取りはかなり重いです。
総体に透明性の釉がかかっていたらしいですが、釉がけが薄いのと、焼成火度が低かったためか、釉膚はほとんど白くかせて、薄く土膚に付着しているかのような状態になっています。ことに内部の見込は大きく釉が剥落してしまって、赤黒い土膚が見えています。その赤い土は「一文字」や「獅子瓦」と同様のもので、世にいう聚楽土なのでしょう。高台畳付に目跡が五つくっきりと残っています。

赤茶碗 銘白鷺 015<< >>黒茶碗 銘本法寺 123

About the author : Yoshihisa Tsuruta