志野茶碗 銘 千石

高さ:8.7cmロ径13.7~14.0cm高台外径:6.3~6.5cm同高さ:0.5cm  「千石」の銘は、千石舟ほどという大きさを示したものか、あるいは千石の貫禄を表わしたものか、ともかく豪放雄大なること無類の志野茶碗 […]

志野茶碗 銘 朝陽

所蔵:藤田美術館高さ:8.2~8.9cm口径:13.8~14.5cm高台外径:5.7~6.5cm同高さ:1.1cm  白い薄もやを通して、ほのぼのと明けそめた朝空の快い淡紅色、その色感をそのままに朝陽と名づけられています […]

志野茶碗 銘 おく山

高さ:7.7~8.」cm口径:12.2~12.4cm高台外径:6.4cm同高さ:0.7cm  二重高台の作ゆきや、暦の絵のあるところ「住吉」と似た茶碗ですが、「住吉」に比してやや大振りで、姿もほとんど作為をもたぬ端正な趣 […]

志野茶碗

高さ:8.0~8.5cm口径:12.2~12.8cm高台外径:6.3cm二同高さ:0.7cm  「住吉」「牛若」など、いわゆる住吉手の志野茶碗には、作ゆきの点でいくつかの共通した特色が認められます。形姿の上では、腰が大き […]

志野茶碗 銘 牛若

高さ:7.6~8.0cm口径:12.3~12.5cm高台外径:6.5~6.9cm同高さ:0.8~0.9cm  志野の茶碗には、橋の絵を描いたものを多く見うけます。これらを住吉神社にちなんで、住吉茶碗と呼んでいますが、この […]

志野茶碗 銘 住吉

高さ:7.2~7.5cm口径:12.2~12.7cm高台外径:6.1~6.3cm同高さ:0.7cm  住吉の銘は、茶碗の胴に描かれた橋の絵を、住吉神社の橋に見立てたものでしょう。志野茶碗としては小振りのもので、作ゆきは総 […]

志野茶碗 銘 亀のをの山

高さ:7.6~7.8cm口径:12.5~13.0cm高台外径:5.8~6.2cm同高さ:1.0~1.1cm  胴に亀甲つなぎの紋様がありますので、「亀のをの山」と名付けられたのでしょうが、それは『古今和歌集』巻七の賀歌「 […]

志野茶碗 銘 通天

高さ:7.9cm口径:14.1cm高台外径:6.5cm同高さ:1.1cm  外張りで立ち上がりの高い腰が強く、口縁や釉ぎわの火色がいかにもあざやかです。通天の銘も、その赤みにちなんで紅葉の名所たる京都東福寺の通天橋から採 […]

志野茶碗

高さ:7.6~8.1cm口径:12.8~13.6cm高台外径:6.2~6.9cm同高さ:0.8~1.0cm  総体、端正温雅で明るい感じの茶碗です。紋様の中心である亀甲紋をもって呼び名とされ、他に特別の銘はありません。ま […]

志野茶碗 銘 初音

所蔵:常盤山文庫高さ:7.3~7.7cm口径:12.6~13.1cm高台外径:5.9~6.1cm同高さ:0.6cm  この茶碗の第一の見どころは、側面からの形姿の重厚にして品格の高い趣にあります。腰から口部にかけての立ち […]