名物国宝志野茶碗

志野茶碗 銘 卯花墻

国宝
高さ:9.2~9.6cm
口径:10.4~11.7cm
高台外径:6.3cm
同高さ:0.4cm

 志野随一の名碗として古くから有名なものです。卯花墻という銘は、胴に描いた鉄絵紋様を卯の花の咲く培にみたてて、片桐石州が命名したといわれています。
 素地は、俗にもぐさ土とよんでいるざんぐりとした土で、卵殻色を帯びています。この土は瀬戸にもなく、美濃でも土岐川の東側にはない独特の土で、あたたかい柔らかい感じの親しみのある土です。
 形は、胴は切り立ちにちかいが大きい箆目が上下二本あって変化を与え、口作りは俗に玉縁と呼んでいる、ぼってりとして厚みのある作りですが、厚いところと薄いところの変化の妙が美しいです。また口は、一方はまフすぐにたち、一方がやや端反りぎみになっているところにも妙味があります。高台は木箆で無造作に削ってあり、たけは低いが重厚な感じがします。
 長石を主体とした志野釉がどっぶりと内外に厚くかかっていますが、これは刷毛で塗ったものではなく、歎づかみにして、ずぽりとつけたもので、つかんだ指あとが、ありありと写真でもよくわかります。指あとと高台は露胎ですが、内面は一面に志野釉が厚くかかっています。
 口を上から見ると正円ではなく、むしろ丸味のある三角形にちかく、作りはおもおもしいですが、じっさいには写真で見るよりはひきしまった、むしろ小服にちかい茶碗です。
 姿もよく、作りもよく、釉調も美しいですが、この茶碗の何よりの見所は赤く焦げた火色で高台内素地の部分にまでょく出ています。とくに縁の火色のこれほど美しい志野は、かつて見たことがありません。火色は釉薬が薄いですと、素地に含まれたわずかの鉄分が焦げてできるものですが、火が甘くてもだめですし、焼けすぎても消えるもので、火加減がむずかしいです。
 胴の釉下に、瀬戸美濃地方で鬼板と呼んでいる鉄絵具で縦横の線を加えてありますが、もともとは垣を意識して描いたものかどうかは疑わしいです。志野や織部には抽象的な紋様がいろいろとあり、紋様以前の紋様と解すべきものでしょう。
 卯花墻は志野第一の名碗ですが、いつどこでつくられたものか、時代は作風・粳調からみて天正・文禄ごろの作と見るべきでしょう。美濃で志野をつくった窯跡は可児町久々利大萱・大平、土岐市泉町久尻・高根・大富・定林寺・妻木・曽木・瑞浪市陶町大川・水上・猿爪など四十余ヵ所に発見されていますが、卯花墻をつくった窯は、美濃でいちばんいい志野のつくられた久々利大萱の牟田洞とされています。荒川豊蔵氏は牟田洞の窯跡で卯花墻そっくりの陶片を採集されており、卯花墻は天正、くだっても文禄年間に大萱の牟田洞でつくられたものと解すべきでしょう。
袋 市松更紗織留
内箱 桐白木 蓋表書き付け「卯花墻」 片桐石州
蓋裏「やまさとのうのはなかきのなかつみちゆきふみわけしここちこそすれ」
外箱 樫
もと江戸の豪商冬木家に伝わり、明治のはじめ大阪の山田喜之助(澱南)に譲られ、明治二十三年、室町三井家が、当時としては破格の千円で買いとったと伝えられています。昭和三十四年、国宝に指定されました。
(小山冨士夫)

志野 茶碗 銘 卯花墻 001

Shino tea bowl. known as ‘Unohanagaki’
Diameter 11.8cm Registered as National Treasure
高さ8.9~9.5cm 口径10.3~ll.8cm 高台径6.0cm
桃山時代 国宝
 志野茶碗中第一の名作といわれている。轆轤ぴきながら手捏ね風に成形した姿のたとえようのないうまみ、その味わいの深さは数寄者の等しく認めるところである。全体の厚み、手取りの重さ、これまた茶碗の大きさに比例してまさに頃合いである。胴をほぽ三角に歪めているので、見る面によってかなり異なった趣があり、一面だけでは茶碗のすべてを知ることはできない。山路状のなだらかな口造、深く広い見込。やや低い高台は内部を木箆で力強く削り取っている。高台の作りのうまさは、数多く手にした日本の茶碗の中でも抜群のものであり、高台脇に浅い段をつけた作為も他に見ない。胴に描かれたのどかな四つ目垣風の絵は釉下からやや薄くあらわれている。高台回りに見る百草土はほどよく焼き締まって味わい深く、高台内の置跡がほのぼのと赤くこげている。白い釉膚はほのかに赤味をおぴ、口縁の自然の火色はことに鮮かである。腰に三か所指跡が残り、見込にもなにか入子で焼いたのか置跡がある。また、高台の中心に偶然に巣穴があらわれている。大萱の牟田洞で焼かれたものとされている。
 「卯花墻」の銘は片桐石州と伝えられ、蓋裏に貼紙された「やまさとのうのは那がきのなかつみちゆきふみわけしここ地こそすれ」歌意によったものである。
 もと江戸の豪商冬木家に伝わり、明治の初め大阪の山田喜之助に譲られ、明治二十三年室町三井家の蔵となった。昭和三十四年、国宝に指定されている。

卯花垣 うのはながき

国宝。
名物。
国焼茶碗、志野。
片桐石州の箱書付で、表に「卯花垣」、裏に「山里の卯花垣の中の路雪踏みわけし心地こそすれ」とあります。
雪のような白釉の中に簸のような黒筋があるのでこの歌銘を選んだものらしいです。
もと江戸冬木家の蔵、明治初年山田某が所有しました。
関西では羽衣および山里とこの茶碗を志野茶碗中の名物といいはやし、1890年(明治二三)頃に千円で売買された茶器は卯花培が最初だとされています。
(『大正名器鑑』)