志野茶碗

志野茶碗 銘 羽衣

高さ:8.7~9.0cm
口径:11.0~13.4cm
高台外径:5.5~6.2cm
同高さ:0.7~0.9cm

 一見して、桃山時代の気分に満ちあふれた茶碗です。絵つけの一部に、飛翔する天女の羽衣のように見えるところがあり、銘はそれによったものと思われます。「卯花墻」「広沢」などとともに、古来志野名碗の最高位にあげられています。成形は、低く平らな底面の広がりが、そのまま腰の張りとなり、どっしりとした安定感になっています。とくに外底面は、ほとんど全面が素地をあらわに見せ、独特の土味と、箆使いの適度の粗さとがうまく調和して、無造作に削り出された高台と、豊かに広がる底面は、視覚的にも、触覚的にも、大きな魅力となっています。
 素地は古志野の約束どおり、ざんぐりとした例のもぐさ土ですが、含有鉄分が少し多いせいか、通常のものに比べると灰黄色がやや濃いです。釉層の薄いところに見られる火色は、この素地の鉄分の作用によるものです。上外側面は、起伏抑揚の変化が非常に顕著です。一応、轆轤(ろくろ)で成形しながら、轆轤(ろくろ)による単調な曲面を、指頭と手のひらと、それに箆を駆使して、ほとんど跡形なく変化させています。やや分厚い口縁部は、ゆったりと波打ち、比較的なだらかな高低を示して、むしろ静かです。
 全面ひずみの効果は彫塑的といってよく、どの面から見ても、形は流動して一つとして定一形にとどまらない・形だけでなく、色調もそうです。織部茶碗のはげしいひずみは、この傾向がさらに進み逸脱したものですが、「羽衣」はこの点において、とくに強い個性をもっているといえましょう。
 乳白の長石釉には、全面に貫入が隠見し、また小さい案穴が目だって多く、俗に柚子膚と呼ばれる複雑な釉面になっています。茶碗の内面は広くなめらかで、釉薬が均質にたっぶりとかかっていますので、白く潤いのある光沢が美しいです。これに対し、外側は器面の変化に伴って、釉層の厚薄が一定せず、薄いところは素地膚がすけて、いくらかざらめいて見えます。
 さらにこの部分には濃淡の火色が明瞭にあらわれて、一部には燃えるような紅色が美しく出ています。
 絵模様は、ほとんど意味不明の線描と筆触からなります。とくに茶碗の正面と思われるところには、強く激しい筆触で、何とはなくなぐり描きしたような鬼板の筆むらがあり、しかもその部分の釉層が薄いために、素地の鉄分の発色と鬼板の濃く黒ずんだ焦げが重なって、水墨画における破墨のような調子になっています。この茶碗の最も魅力ある妙所です。
 このほか見ようによれば、樹木や橋の絵のように見える個所もあります。飛天の羽衣と見たてた個所などは、ただわけもない二本の筆触にすぎません。しかしこのような意味のない絵つけが、かえってこの茶碗の変化の多い形色にかなっています。内面口辺近く、一条の山道模様が黒く簡素に引かれているのも、効果的です。
 京都寺町の豪商、寺村家に秘蔵されていましたが、大正六年、大阪の小大丸、白井氏に伝わり、のち、さらに同地の某家に移りました。寺村家は中村家、安村家とともに藪内流三村の一つといわれた茶家です。
 付属品は、袋がしじら間道に属する格子縞で、内箱は蓋裏の書き付け銘が如心斎、蓋表は了々斎で、それに杉の外箱がついています。
(藤岡了一)

志野 茶碗 銘 羽衣 002

Shino tea bowl. known as ‘Hagoromo’
Diameter 13.4cm
高さ9.0cm 口径13.4cm 高台径6.2cm
桃山時代
 最盛期の志野茶碗の中では最も豪快な作振りの茶碗であろう。腰の張ったどっしりとした半筒形の茶碗で、口部は楕円にひずみ、見込は大きく広い。ざんぐりとした百草土をあらわに見せた広い底に、小さく引き締まった高台をつけているが、高台脇の箆取りがきいて妙味ある作振りである。釉がけは極めて無造作で、ほぼ腰回りでとまっている。胴の一部釉がけの薄い部分は火色がひときわ濃く、下絵の鬼板と重なって茶碗の景色をはげしいものにしている。また口縁や胴裾の赤味も鮮かである。胴には柳と橋のような絵が描かれているが、判然としないところが多い。底の土膚は全体にやや赤くこげている。
 「羽衣」の銘は、内側に横に一筆走らせた絵に、天人の羽衣を連想して名付けたものと思われる。内箱蓋裏に如心斎が「志野茶碗羽衣」と書付け、蓋表には了々斎が箱書している。かつて京都寺町の富商寺村家に蔵され、大正六年、大阪の小大丸白井家に伝わり、その後、現所持者の蔵となった。

羽衣 はごろも

志野茶碗。
大振りの派手な造りです。
作行きは無造作で、土はざんぐりと大まかで、高台脇の土取りも無造作で面白いです。
釉がけも作為的ではなく、濃淡が自然に現れ、淡いところに見事な緋色が出ています。
図柄も素朴な筆致で描かれています。
「羽衣」の銘は、謡曲の「羽衣」を連想してのことでしょう。
こうした茶碗は、窯変による自然の力で生まれるもので、窯中の偶然ゆえ二つとできないのです。
《付属物》箱-桐白木、書付啼啄斎宗左筆、蓋裏書付如心斎宗左筆
《伝来》京都寺村家-小大丸家
《寸法》高さ8.5~8.8 口径12.0~13.9 高台径5.8 同高さ0.8 重さ577