大井戸茶碗 銘 常夏

高さ:8.5~8.7cm口径:14.7~14.9cm高台外径:5.3cm同高さ:1.8cm  雲州松平家に伝わった、不昧公好みの非凡の一碗です。形姿、色調整然たる中に、とくに高台内外の景趣おもしろく、それに紐様の轆轤(ろ

大井戸茶碗 銘 雨雲

高さ:8.7~9.0cm口径:14.1~14.6cm高台外径:5.3cm向高さ:2.2cm  雨雲の銘は、器の上辺、口縁近くに茶しぶが色濃く、帯状に付着しているのを、雨雲に見たてたものと考えられます。しかし茶碗そのものに

大井戸茶碗 銘 朝香山

所蔵:藤田美術館高さ:8.0~8.7cm口径:14.5~14.9cm高台外径:5.2cm同高さ:1.8~2.0cm  形と大きさは大井戸、釉調は青井戸ふうといった異色の井戸茶碗です。外箱の貼り紙には青井戸とありますが、こ

小井戸茶碗 銘 老僧

大名物藤田美術館高さ:7.9~8.4cm口径:14.3~14.9cm高台外径:6.5cm同高さ:1.2~1.5cm  高台がとくに大きくがっしりとして、あたかも大地に太敷く老樹の概があり、通途の井戸と比べて、姿にすこぶる

小井戸茶碗 銘 忘水

所蔵:根津美術館高さ:7.2~7.4cm口径:13.7cm高台外径:4.5cm同高さ:1.0cm  六地蔵と並んで、小井戸の双璧とされる茶碗である。彼の剛に対して、これはまた温雅の特色を出す。雌雄対照の妙というべきか。 

堅手茶碗 銘 長崎

中興名物重要文化財根津美術館高さ:7.0~8.0cm口径:13.4~14.7cm高台外径:5.5cm同高さ:1.0cm  堅手の中でもことに有名な茶碗で、京都の医師長崎昌斎(久太夫)所持にちなんで長崎の銘があり、のち小堀

小井戸茶碗 銘 上林

高さ:8.5~8.7cm口径:14.8~15.1cm高台外径:5.6~5.7cm同高さ:1.5cm 『大正名器鑑』ではこの茶碗を古井戸としていますが、大きさ、形状などからいえば、むしろ大井戸とすべきもののように思われます

小井戸茶碗 鎔 奈良

高さ:6.7~7.2cm口径:15.3~15.7cm高台外径:5.5cm同高さ:1.0cm  井戸には、大井戸とも小井戸とも青井戸とも、区別のつけにくい茶碗があります。黒田家に伝わった奈良井戸もその一例で、形は小井戸の宇

小井戸茶碗 銘 六地蔵

高さ:7.6~8.0cm口径:13.7~14.0cm高台外径:5.3cm同高さ:0.8~1.0cm  小堀遠州が京都伏見の東南、六地蔵で入手、愛蔵したところから、この銘が出たと伝えられています。六地蔵は、宍伏見から宇治へ

小井戸茶碗 銘 小塩

高さ:7.0~7.3cm口径:14.5~14.7cm高台外径:4.7cm同高さ:1.5~1.6cm  小井戸と称されているものでは、六地蔵・老僧・忘水などが著名ですが、この小塩井戸は、品性の高さ把おいてはそれらにまさると

小井戸茶碗 銘 江岑

所蔵:畠山記念館高さ:5.4~6.4cm口径:13.3~13.7cm高台外径:5.0~5.4cm同高さ:1.1cm  千宗旦の第二子であり、不審庵(表千家)を継いだ江岑が所持していたのでその名があります。江岑は寛文十二年

小井戸茶碗 銘 石清水

高さ:5.8~6.2cm口径:12.5~21.6cm高台外径:5.9cm同高さ:1.0cm 高台の大きい井戸としては珍しい姿をした茶碗です。この茶碗の何よりの見どころは内面になだれかかる釉薬の調子で、これを岩を伝って流れ