鼠志野茶碗 銘 通天

高さ:7.7~8.7cm口径:13.2~13.5cm高台外径:7.0cm同高さ:1.0cm  「さざ波」と同様、高根東窯の産と思われる茶碗です。 高根には窯跡が三つあって、西に一つ離れている窯は、例の有名な赤志野、石竹の […]

黄伊羅保茶碗 銘 女郎花

高さ:7.1cm口径:13.2ー14.0cm高台外径:5.5cm上同高さ:0.8cm  松平不昧所持本手黄伊羅保の白眉として世に知られたもので、女郎花の銘は釉色にちなんで不昧がつけたものです。蓋裏に「女郎花今朝はすがたも […]

遠州高麗茶碗 銘 一花

高さ:8.1~8.8cm口径:14.3~14.5cm高台外径:5.8~6.2cm同高さ:1.4~1.6cm  いわゆる高麗茶碗のうち、明確に分類された項目に入らぬものがずいぶんとあり、その中には名碗として珍重されているも […]

絵御本茶碗

高さ:9.0~10.0cm口径:13.7~16.3cm高台外径:6.0cm同高さ:0.8~1.0cm  御本は、わが国茶人の好みにしたがって、釜山近くの窯で作らせた茶碗をいい、これをさらに織部御本、遠州御本などに分けてい […]

釘彫伊羅保茶碗 銘 両彦

高さ:7.0~7.5cm口径:14.3~14.5cm高台外径:6.1cm同高さ:1.2cm  秋の山、嵯峨の秋とともに、釘彫り三碗と称されるうちの一つです。 釘彫りは、伊羅保のなかでも、比較的数の少ないもので、『大正名器 […]

御本立鶴茶碗

高さ:9.8~9.9cm口径:11.2~11.5cm高台外径:6.4cm同高さ:1.0cm  立鶴は釜山窯の御本茶碗の中では古来最も有名で、御本茶碗といえば立鶴を連想するほどになっています。立鶴は茶人にすこぶる人気があり […]

伊羅保片身替り茶碗

所蔵:藤田美術館高さ:7.2~7.5cm口径:13.7~14.5cm高台外径:6.0cm同高さ:1.2cm  片身替りの手はことに千種手と酷似しますが、ともに古伊羅保と作ふうの基調を共通にします。 すなわち素地がひとしく […]

釘彫伊羅保茶碗

所蔵:藤田美術館高さ:7.7~8.0cm口径:13.9~14.9cm高台外径:6.5cm同高さ:0.9cm  釘彫伊羅保とは、高台の内に釘で彫ったようなうずがあるのでこの名がありますが、その作柄は古伊羅保筋とはまた一手大 […]

千種伊羅保茶碗

高さ:6.9~7.1cm口径:13.9~14.1cm高台外径:5.7cm同高さ:0.9~1.0cm  平瀬家の千種伊羅保と同じく、千種宰相家伝来と伝えていますが、両碗ともに千種家に蔵されていたという伝えは、いささか信憑性 […]

金海茶碗 銘 西王母

高さ:8.4~8.6cm口径:12.2~13.0cm高台外径:6.4~6.5cm同高さ:1.9cm  西王母は古来金海茶碗の本歌として茶人の間に有名なもので、その銘は桃形りにちなんで桑山宗仙の命銘にかかります。 本手金海 […]