釘彫伊羅保茶碗

所蔵:藤田美術館高さ:7.7~8.0cm口径:13.9~14.9cm高台外径:6.5cm同高さ:0.9cm  釘彫伊羅保とは、高台の内に釘で彫ったようなうずがあるのでこの名がありますが、その作柄は古伊羅保筋とはまた一手大 […]

金海茶碗 銘 藤浪

高さ:8.6~9.0cm口径:11.5~14.7cm高台外径:6.9cm同高さ:1.7cm  青白く、さわやかな色合いの中に、胴から腰をめぐってほの紅く、薄紫が連なっています。 その色調の妙なるところから、藤浪の銘がつけ […]

千種伊羅保茶碗

高さ:6.9~7.1cm口径:13.9~14.1cm高台外径:5.7cm同高さ:0.9~1.0cm  平瀬家の千種伊羅保と同じく、千種宰相家伝来と伝えていますが、両碗ともに千種家に蔵されていたという伝えは、いささか信憑性 […]

金海茶碗 銘 西王母

高さ:8.4~8.6cm口径:12.2~13.0cm高台外径:6.4~6.5cm同高さ:1.9cm  西王母は古来金海茶碗の本歌として茶人の間に有名なもので、その銘は桃形りにちなんで桑山宗仙の命銘にかかります。 本手金海 […]

千種伊羅保茶碗

高さ:6.8~7.2cm口径:13.7~14.3cm高台外径:5.5~5.8cm同高さ:0.8cm  千種伊羅保と称されている茶碗は二碗あります。一つは平瀬家伝来のこの茶碗。一つは松平不昧公伝来のもので、両碗とも古来伊羅 […]

雲鶴筒茶碗

高さ:9.8~10.0cm口径:10.2~12.0cm高台外径:7.3~7.5cm同高さ:0.8cm  雲鶴とか狂言袴と呼ばれている茶碗には、高麗の末期に作られたものと、文禄・慶長の役の前後に作られたものとあります。『大 […]

御所丸茶碗 銘 堅田

所蔵:畠山記念館高さ:6.5~7.4cm口径:10.3~14.0cm高台外径:6.5~7.1cm同高さ:0.7~1.0cm  内箱蓋表に「かた田」と墨書き付けされていますが、銘の由来は判然としません。『大正名器鑑』による […]

雲鶴筒茶碗 銘 疋田筒 一名 大文字屋筒

一名:大文字屋筒大名物高さ:7.9~8.0cm口径:8.2~8.5cm高台外径:5.9~6.0cm同高さ:0.6cm  雲鶴とか狂言袴とか呼ばれる象眼青磁には、大別二種類あり、一つは高麗末期の産と認められる、いわば本手と […]

御所丸茶碗 銘 夕陽

重要文化財所蔵:藤田美術館高さ:6.3~7.5cm口径:9.8~13.1cm高台外径:6.4cm同高さ:1.2cm  黒刷毛御所丸の中では、形も色も最も奔放で躍動的であり、類碗中随一と喧伝されているものです。夕陽の銘は、 […]

古雲鶴茶碗

高さ:9.3~9.4cm口径:8.4~8.5cm高台外径:5.2~5.3cm同高さ:0.6~0.7cm  伝世したいわゆる高麗茶碗の中では、最も古作に属する茶碗の一つであり、おそらく高麗時代の後期に焼造ざれたものでしょう […]