生爪 なまづめ

伊賀花入。筒形で、口は鍔口となり、腰に太く一筋帯をめぐらし、ずんぐりとしていて気のきいた形とはいえませんが、そ

小倉 おぐら

伊賀耳付花入。重文。桃山時代の作。大正初期に伊賀「五人男」の一つに選出されたもので、当時の所蔵者である横浜の巨

岩かど いわかど

伊賀耳付花入。「岩かど」の銘は荒木宗允によるもので、その箱書となっています。荒木宗允は幕末の美術商で浪花に住し