加賀井戸 一名獅子

名物手大名物付属物内箱 桐白木 被紙 書付 松平雪川筆 外箱 鉄刀木 几帳面 蒔絵伝来 土岐美濃守―田沼家―松平不昧所載 古今名物類聚 名物茶碗集 中興名物録 本屋了雲著苦心録 古今茶話 伏見屋覚書 松平不昧伝 大円庵茶 […]

織部筒茶碗

高さ:9.1cm口径:9.9~10.7cm高台外径:5.1~5.8cm同高さ:0.5cm  織部茶碗の白眉としてあげられるもので、加えて平瀬・藤田両家伝来の由緒によって、いっそう斯界に重きをなしています。 織部茶碗の多く […]

黒織部茶碗 銘 松風

高さ:7.7~8.3cm口径:10.2~15.7cm高台外径:6.0~7.0cm同高さ:0.6~1.0cm  慶長年間、美濃久尻の元屋敷の窯でつくられたと思われる織部の名碗です。内外ほとんど全面に黒釉をかけていますが、こ […]

伯庵茶碗 本歌

中興名物高さ:7.5~8.3cm.口径:14.4~】4.7cm高台外径:5.6~6.0cm同高さ:0.9cm  『大正名器鑑』第八編には、伯庵の名碗として関戸家のこの茶碗のほか、冬木・奥田・土岐・宗節・酒井・朽木・天王寺 […]

赤織部茶碗

高さ:6.2L7.0cmご口径:11.9~14.0cm高台外径:5.8~6.0cm同高さ:0.7cm  赤織部または鳴海織部といわれている、この手の茶碗は比較的少なく、しかも作ゆきのすぐれたものとなりますと、数えるほどし […]

赤織部茶碗 銘 山路

高さ:6.3cm口径:9.5~13.0cm高台外径:5.9cm同高さ:0.7cm  赭土色と緑色とにかけ分けたところを山路の色合いに見立てて、この銘が生まれたのでしょう。同じ織部でも黒織部や織部黒と違って、色輝の華麗な茶 […]

黒織部茶碗 銘 柾垣

高さ:9.2cm口径:10.6~11.0cm高台外径:5.6~5.8cm同高さ:0.5cm  素地は柔らかな感覚の灰白土、形は珍しく四方の筒形で、これを白釉地と黒釉地の片身替わりにかけ分け、白地には杜若と格子縞を無邪気な […]

黒織部茶碗

高さ:6.8~7.5cm口径:10.9~13.8cm高台外径:5.6~5.8cm同高さ:0.7cm  黒織部の茶碗は巷間にしばしば見るものですが、沓茶碗となると意外に少なく、なおも出色の出来となるときわめて少ないです。そ […]

黒織部茶碗 銘 やぶれ窓

高さ:6.7~7.2cm口径:10.5~13.6cm高台外径:5.5~5.7cm同高さ:0.7~0.9cm  黒織部の沓形茶碗のなかでは、おそらく作ぶりの最もすぐれたものの一つにあげられます。 かなり作為の強いものであり […]

黒織部茶碗 銘 冬枯

所蔵:徳川美術館高さ:8.6~9.5cm口径:9.7~10.0cm高台外径:5.5cm同高さ:0.9cm  織部には青織部・鳴海織部・赤織部・黒織部・織部黒・絵織部・鼠織部・伊賀織部・唐津織部などの区別がありますが、この […]