瀬戸黒 茶碗 銘小原木 094

高さ8.8cm 口径10.2cm 高台径5.0cm 瀬戸黒茶碗の代表作としてやかましいもので、利休所持と伝えられています。瀬戸黒には筒茶碗は少なく、管見のかぎりではこの茶碗と「冬の夜」「日松」ほか一、二を知るのみでありま

赤茶碗 銘太郎坊 020

高さ8.1cm 口径10.6cm 高台径4.7cm 内箱蓋表に「長次郎赤茶碗 宗旦(花押)」と千宗旦が書き付け、蓋裏には「太郎坊」と藤村庸軒が銘をしたため、その左に仙叟が「利休持分赤茶碗則箱ノ上書付宗旦名判有之宗旦所持常

赤茶碗 銘無一物 016

重要文化財高さ8.6cm 口径10.8~11.2cm 高台径4.8cm頴川美術館 内箱蓋表に「無一物 宗室(花押)」と仙叟宗室が書き付けています。そして、のちにこの茶碗を愛蔵した松平不昧が外箱を調製して、蓋表に「無一物 

赤茶碗 銘雪峯 111

重要文化財高さ9.5cm 口径10.5~11.4cm 高台径4.1cm畠山記念館 溜塗の内箱蓋表に金粉字形で「雪峯」の二字が書され、その筆蹟が光悦風であるため、古来光悦筆の共箱とされているが、箱行きなどから推して光悦共箱

黒四方茶碗 銘ムキ栗 009

高さ8.5cm 口径10.4×12.5cm 高台径4.9cm 長次郎焼のなかでは他に例を見ない四方の茶碗です。しかし褐色にかせた黒柚の調子や、引出し時の挟跡、口造り、高台など、比較的「大クロ」に似た作行きです。外箱蓋裏に