白片身替茶碗 銘不二山 102

国宝高さ8.5cm 口径11.6cm 高台径5.4cm 内箱蓋表に「不二山 大虚蕃図」と本阿弥光悦自身が書き付けているが、伝世の光悦茶碗のなかで光悦共箱といえるものはこれ一つである。光悦茶碗中第一の名作と称され、桃山時代

稲葉天目 いなばてんもく

曜変天目茶碗。国宝、大名物。曜変天目は、中国宋代の建窯の天目茶碗の一種であります。曜変とは、黒釉の表面にさまざまな大きさの濃い紺色の斑文が群をなして散在し、その周りが複雑な光彩を放つものをいいます。きわめて特殊な焼成環境

万声 ばんせい

砧青磁鳳凰耳花入。国宝、大名物。中国南宋代の青磁(主に龍泉窯)のうち碧色の上質品をわが国では砧子と呼び、その独特な幽玄さと蒼古な色調から特に珍重されました。「万声」は砧手の最高峰といえます。翼を張った鳳凰耳の力感が器全体

飛青磁瓶子花入 とびせいじへいしはないれ

国宝。飛青磁とは釉下に鉄絵の諸色飛び斑文のある青磁をいい、中国元代から明代に龍泉窯で焼成されました。この花入は飛青磁中の最高傑作で、飛び釉の斑文が青磁釉に調和してまことに美しく、また首から胴にかけての姿の美しさは卓絶した

玳玻蓋天目茶碗 たいひさんてんもくちゃわん

国宝、大名物。中国宋代に吉州窯で焼かれた天目茶碗を釈破蓋と称します。黒褐色の鉄釉の上に黄色い斑文を浮かべる釉調が玳玻の皮に似ているところから、この名があります。態甲蓋ともいいます。碗の外側は斑文ですが、内側は花文・鳳凰文

曜変天目茶碗 ようへんてんもくちゃわん

国宝。大名物。中国茶碗、曜変天目。もと徳川幕府の蔵。淀侯稲葉家に伝わり1918年(大正七)3月東京美術倶楽部の入札に十六万八千円で横浜小野哲郎家に落札、当時の茶碗価格では最高記録でありました。呑口には覆輪がなく、口縁下は

油滴 ゆてき

中国産天目茶碗ノーつ。中国で滴珠と称する建茸のこと。茶碗の内外に油の点滴に似た釉色が現れているところからこの名が付いました。『能阿相伝集』に「曜変よりは多がるべし、是も薬如星」、『君台観左右帳記』東北大学蔵永禄写本に「第

文化財保護法 ぶんかざいほごほう

わが国に初めて文化財保護の方策が講じられたのは1871年(明治四)の太政官布告「古器旧物保存方」でありますが、1897年(同三〇)に制定された「古社寺保存法」に至って初めて一応の法的形態を整えました。そしてこの法律におい

不二山 ふじさん

国宝。本阿弥光悦作、楽焼茶碗。金森得水は富士に雪の掛かった風情なのでこう称したものだといい、草間和楽は出来がこの上なしと自慢した気持ちから名付けられたものだとします。光悦の在世中、彼のつくった茶碗を欲する者が大勢居ました

香炉 こうろ

灰に火を盛って香を薫くのに用いる器。陶・銅などで種々の形につくられます。もと仏前の荘厳のためにつくられたもののようで、まず銅器において発達しました。仏前荘厳のための薫香を供香といい、賓客を迎えるなど嗜みのそれを空蛙といい

卯花垣 うのはながき

国宝。名物。国焼茶碗、志野。片桐石州の箱書付で、表に「卯花垣」、裏に「山里の卯花垣の中の路雪踏みわけし心地こそすれ」とあります。雪のような白釉の中に簸のような黒筋があるのでこの歌銘を選んだものらしいです。もと江戸冬木家の