油屋肩衝 あぶらやかたつき

大名物。漢作肩衝茶入。古来大名物茶入中の首位として尊重されたもので、堺の町人油屋常言(浄言)およびその子常祐(浄祐)が所持していたのでこの名があります。同種の肩衝茶入に比べて口径がやや小さく、甑廻りに輪筋が一本あります。

朱衣肩衝 あけのころもかたつき

大名物。漢作肩衝茶入。伝相阿弥著『東山殿肪之記』に「あけの衣いやしくそざう也、あけの衣は五位のしやう也、五位のくらゐほどのっぽなり」とありますが、総体か飴色の中に赤味を帯びた黄釉のなだれか幕状をなして、僧侶の着る朱衣の裾

道蓮文琳 どうれんぶんりん

唐物文琳茶入。道蓮が所持したことからその名があります。道蓮については草間和楽が『茶器名物図彙』の中に記していますが、元祖藤四郎が人道して道元禅師の弟子となり、道蓮と改名したこと、そして春慶が元祖の隠居号であるという説には

福原茄子 ふくはらなす

漢作唐物茄手茶入。大名物。「福原Lは所持者の名と思われるが明らかでないようです。延宝五年、伊達綱村侯が新庄越前守に懇望して以後、伊達家の重宝になったもので、大正五年、同家第一。回の人札に出て五万七手円という高値を呼び評判

稲葉天目 いなばてんもく

曜変天目茶碗。国宝、大名物。曜変天目は、中国宋代の建窯の天目茶碗の一種であります。曜変とは、黒釉の表面にさまざまな大きさの濃い紺色の斑文が群をなして散在し、その周りが複雑な光彩を放つものをいいます。きわめて特殊な焼成環境

樋口肩衝 ひぐちかたつき

漢作唐物肩衝茶入。大名物。別名「山井肩衝」。樋口石見守知秀が所持したのでこの名があります。「山井」の名は「浅くともよしや又汲む人もあらし我に事たる山の井の水」の古歌から引かれたもので、小堀権十郎が箱に字形しています。知秀

馬蝗絆 ばこうはん

青磁茶碗。重文、大名物。伊藤東涯の証文によると、平重盛が宋の育王山に黄金を喜捨した返礼として贈られたと伝えています。のちに足利義政に伝わり疵ができてしまい、これをとり替えに中国へ送ったところ、二度とこんな美しい青磁はでき