大井戸茶碗 銘 喜左衛門

一名 本多井戸大名物 国宝所蔵:大徳寺孤蓬庵高さ:9.1cm ロ径:15.3~15.5cm 肩台外径:5.2~5.5cm 同高さ:1.5~1.7cm  井戸の首座に位する天下周知の名碗です。慶長のころ、大阪の町人の竹田喜

大井戸茶碗 銘 筒井筒

重要文化財高さ:9.3~9.8cm 口径:15.2~15.5cm 高台外径:5.6~5.7cm 同高さ:1.9cm 付属物:内箱 桐白木書付金森宗和筆 外箱 黒塗三書付金粉字形  同蓋裏 書付貼紙伝来:筒井順慶-豊臣秀吉

大井戸茶碗 銘 細川

大名物高さ:9.1~9.8mm口径:15.5~15.7mm高台外径:5.7mm同高さ:1.8mm  細川三斎が所持していたという伝えから、名があります。おそらく大井戸のなかでも最も大振りのもので、『雲州侯御虫干控』にも「

大井戸茶碗 銘 有楽

大名物所蔵:東京国立博物館高さ:9.0cm 口径:15.1cm 高台外径:5.6cm 同高さ:1.6cm  かつて織田有楽斎が所持していたところからその名のある有楽井戸は、大井戸としては喜左衛門・筒井筒・細川に次いで名碗

大井戸茶碗 銘 美濃

所蔵:後藤美術館高さ:8.8~8.9cm 口径:15.0~15.3cm 高台外径:5.0cm 同高さ:1.6cm  内箱蓋表に遠州様の字形体で「美濃 茶碗 井戸」と書き付けがしてありますが、伏見屋宗理の『名物茶碗図会』に

大井戸茶碗 銘 宗及

高さ:8.5~9.0cm口径:15.0~15.1cm高台外径:5.0~5.3cm同高さ:1.5cm 千利休、今井宗久とともに秀吉に仕え、天下の三宗匠とよばれた堺の津田宗及が所持していたところからこの銘があります。 根津美

大井戸茶碗 銘 対馬

高さ:8.6cm口径:14.2~14.4cm高台外径:5.1cm同高さ:1.2cm  大井戸において、ことに尊ぶのは、堂々たる貫禄を示した豪宕な姿ですが、その点、宗対馬守伝来によって銘あるこの大井戸茶碗は、高くたくましい

大井戸茶碗 銘 越後

重要文化財所蔵:静嘉堂高さ:8.5cm口径:14.6cm高台外径:5.4cm同高さ:1.8cm  桐、春慶塗りの内箱に、「越後殿井戸」という貼り紙があり、もと越後守某が所持していましたので、この銘がつけられたといわれてい

大井戸茶碗 銘 坂部

一名高円井戸大名物高さ:8.9~9.4cm口径:14.4~14.7cm高台外径:5.2~5.5cm同高さ:1.5cm  もと豊臣秀吉より京都銀座の坂部某に与えられたところよりこの名があるといわれます。その後、土岐伊予守の

大井戸茶碗 銘 蓬莱

一名 武野井戸所蔵:藤田美術館高さ:8.5~8.6cm口径:15.2~15.5cm高台外径:5.8cm同高さ:1.7cm  武野紹鴎所持の伝承があるところから、武野井戸と呼ばれ、またべつに蓬莱の銘をもっています。 ゆった

大井戸茶碗 銘 松永

大名物高さ:8.5cm口径:15.3cm高台外径:5.2cm同高さ:1.4cm  松永という名称の由来は、判然としません。おそらく松永弾正久秀の所持という伝えによって、その名があるものと思われます。 作ゆきは、総体の大き

粉引茶碗 銘 楚白

中興名物高さ:7.1~8.0cm口径:11.9~13.0cm高台外径:5.4cm同高さ:0.9~1.0cm  楚白は、素白つまり清楚なこの茶碗の感じを形容したことばで、『大正名器鑑』には楚白手としてありますが、手としては