空中斎 くうちゅろさい

姓は本阿弥、名は光甫。 光悦の孫、光瑳の子。 空中斎は号。 刀剣鑑定磨礪浄拭の家業に長じていたばかりでなく、祖父光悦の風に似て茶・香を嗜み、絵画や彫刻をよくし、さらによく陶器を製しました。 その技は光悦に劣らないほど巧み

荒磯 あらいそ

黒楽茶碗。ノンコウ作。浅めの茶碗で、薄造りで胴がわずかにくびれています。漆黒の光沢のある釉がかかり、その幕釉の垂れが裾周りに蛇蝸釉となって一面に現れます。この蛇蝸釉の景を、岩に砕ける怒濤に見立てて命銘されました。偶成のも

雨雲 あまぐも

黒楽茶碗。光悦作。重文。黒釉の景を雲脚の速い雨雲に見立てて覚々斎が命銘。総体に丸造りで、口縁一部が端反りになっています。やや薄造りで、口縁は切回しの口箆鋭く、胴には竪箆がみえます。ノンコウ風の漆黒の釉が胴に刷かれ、ところ

あざみ あざみ

赤楽茶碗。ノンコウ作。利休好みの馬盟形の平茶碗で、口縁は高低のある山道になり、腰張りであります。胴には強い横箆が使われ、高台脇には削りの一種の技巧として櫛目がみられます。赤土に失透ぎみの釉がかかり、白いむらむらが浮く中に

俊寛 しゅんかん

黒楽茶碗。長次郎作。名物。利休が薩摩の門人に、長次郎茶碗を三碗世話したところ、二碗が返送されこの一碗が残りましたので、俊寛の故事に因みこの銘を付けたといいます。口造りはやや抱えぎみで高低の変化があり、一部胴締めで、腰が張

小原女 おはらめ

瀬戸黒茶碗。名物。美濃茶陶の最も初期に属する作品が瀬戸黒茶碗です。底が真一文字で、高台があるかないかわからないほど低いのが、瀬戸黒茶碗の特徴です。発掘品の中からは、胴に綴じ目の付いたものも現れていますので、あるいはっわげ