青井戸茶碗 銘 田中

所蔵:畠山記念館高さ:6.4~6.8cm口径:14.0~14.5cm高台外径:4.8~5.0cm同高さ:0.9~1.0cm  田中井戸の名は、もと伊勢津の名家田畑屋田中四郎左衛門の所持であったところから、その名にちなんで

刷毛目茶碗 銘 合甫

高さ:5.2~5.6cm口径:12.7cm高台外径:4.0cm同高さ:0.9cm  大阪の平瀬家に伝わった刷毛目の名碗で、白玉のような美しい膚をしているところから、珠の異名の合甫という銘をつけられています。 合甫は合浦に

青井戸茶碗 銘 春日野

名物高さ:6.6cm口径:14.0cm高台外径:5.5cm同高さ:1.0cm  内箱の蓋表に表されている金粉字形は、「高麗茶碗 春日野」とありますが、筆者は、あきらかでありません。 その名称は、渋い色調のうちにも、どこか

青井戸茶碗 銘 雲井

名物高さ:6.1~6.8cm口径:14.8~15.0cm高台外径:4.7~5.0cm同高さ:1.1~1.2cm  作調総体にやや薄作で、高台ぎわから口部にかけての広がりは、直線的によく伸びて四段の轆轤(ろくろ)目をみせて

青井戸茶碗 銘 瀬尾

所蔵:松永記念館高さ:6.0~6.4cm口径:13.5~13.7cm高台外径:4.7~4.9cm同高さ:1.1cm  戸田露吟の『後学集』によると。瀬尾青ニテ小服(山ノ井ト同作ナリ、瀬尾ト云フ、我所持トナリテ古今トをル、

三島茶碗 銘 亭

所蔵:畠山記念館高さ:5.8~6.0cm口径:13.2~13.3cm高台外径:4.6cm上同高さ:1.0~1.2cm  古三島に属する暦手で形・色ともよく整った明るい感じの小服茶碗です。上田暦手ごと同類とみてよいでしょう

青井戸茶碗 銘 升屋

名物高さ:5.8~6.1cm口径:13.75~14.0cm高台外径:4.55~4.8cm同高さ:1.25~1.4cm  かつて堺の豪商、升屋に伝来したためその名があります。 茶碗の形態は、総体的に引き締まって小振りであり

二徳三島茶碗

高さ:6.4~6.9cm口径:14.6~14.8cm高台外径:4.7~4.9cm同高さ:1.1cm  茶碗に添った書き付けに「二徳三島は、古三島にては天下一之品、元利休所持、袋師二徳伝来、古三島之最上茶碗也。古三島は、雲