伊羅保片身替茶碗 いらぼかたみがわりちゃわん

口縁に摘み出しのあるのが特色です。かけ分けの重なりは内外にわたって青みを呈し、すぐれた景色をなしています。口縁の切回しも鋭く、べべらもあって見所が多いです。見込の片刷毛も凛として白く、冴えて美しいです。竹の節高台は豪壮で

稲葉天目 いなばてんもく

曜変天目茶碗。国宝、大名物。曜変天目は、中国宋代の建窯の天目茶碗の一種であります。曜変とは、黒釉の表面にさまざまな大きさの濃い紺色の斑文が群をなして散在し、その周りが複雑な光彩を放つものをいいます。きわめて特殊な焼成環境

糸遊 いとゆう

玉子手茶碗。玉子手は、その釉肌が黄みを帯びた乳白色で、卵の肌を想わせるところからその名があります。この茶碗を所持した松平不昧は、釉の味わいと、一つは堅手に対照するものとして、箱表に「和手」と記しています。高台は土見で、竹

樋口肩衝 ひぐちかたつき

漢作唐物肩衝茶入。大名物。別名「山井肩衝」。樋口石見守知秀が所持したのでこの名があります。「山井」の名は「浅くともよしや又汲む人もあらし我に事たる山の井の水」の古歌から引かれたもので、小堀権十郎が箱に字形しています。知秀

雨漏堅手茶碗 あまもりかたでちゃわん

朝鮮李朝期の、磁器質の土で釉とともに堅い感じのするものを堅手といい、堅手の中でも茶碗の内外に雨漏りのようなしみがあるのを、雨漏堅手と呼んです。このしみは器物の釉面に生じたピンホールに、焼成後、茶渋などがしみ込んで文様とな

尼呉器茶碗 あまごきちゃわん

呉器茶碗の一種。徳川の治政下になって、朝鮮の使節が日本に来た折に、京都鷹ヶ峰の尼寺薬師院に女性たちが宿泊しましたが、彼女らが日常用器として使った飯茶碗と伝えられています。あるいはそこまで細かく詮索せずに、尼寺も含む寺社で

東高麗 あずまごうらい

斗々屋茶碗。中興名物。斗々屋の三種のうち、いわゆる利休斗々屋の手に属し、このタイプは本歌利休斗々屋と、この東高麗の二例のみであります。江戸にあって高名であったところから、東高麗、あるいは江戸斗々屋とも呼ばれ、江戸高麗とも

三島芋頭水指 みしまいもがしらみずさし

重文。「三島」の名称は、この水指にあるような点線文が、伊豆三島大社から頒布された暦によく似ていることから出ました。古くより南鮮方面各地の窯で焼かれ、最も早く佗び茶入の鍾愛するところとなって、名物茶碗もいくつか知られ、彫三

秋の山 あきのやま

釘彫伊羅保茶碗。名物。口造りは山道になってべべらがあるようで、裾が張り、二段に大きく脇どりされて姿に変化を加えます。青・赤の釉肌が複雑微妙で、砂まじりの素地に細筋がよく立ち、茶趣横溢しています。石はぜが多く、ことに正面の

ハンネラ水指 はんねらみずさし

茶入が水指・建水・灰器などに採用した南蛮・島物と称するものには、縄簾・冬寒・メ切・飴粽その他がありますが、このハンネーフもその語源と産地の確定はむずかしいです。たた、これら素焼に近い南方の日常粗器を採用した茶入の佗び精神